特に理由はないけれど眠れない

眠れないときに、眠れない理由が思い当たらないケースも多々あります。そもそも眠れない原因を探ったところで、いいことは何もありません。眠れない原因がわかっているときは、逆に眠る方法がわかっているときです。眠れない時に「原因がわかって安心」とはならず、今度はその原因の対処法を考えて眠れなくなってしまうからです。
布団に入って1時間ほどたっても眠れないなら、「どうせ眠れないなら寝ないことにする! 」と開き直ってしまうのも手です。
いったん「今日は寝なくてもいい」と決めれば、「寝なければ!」と張っていた緊張の糸もほぐれ、体の力も自然と抜けてくるものです。リラックスできれば、眠くなります。義務感を取り除き、開き直ったことで眠気がやってきやすい状能になるのです。

寝ないと決めたのなら、ちょっとした用事をすませてしまうのもよいでしょう。机の上を整理したり、取り込んだ洗濯物を畳んだりしてみましょう。小さいながらも達成感があり、思いのほか気分が落ち着きます。「眠らなくては」から「眠ってしまってもいいかな?」に、気持ちは知らず知らずに移行しているはずです。「こり性だから、机の整理が部屋の模様替えに発展しそうだ」という困った人は、ハチマキをしてみるのが効果的です。
手ぬぐいやバンダナなどで、頭を少しきつめに縛ります。こうすることによって、過剰に興奮している交感神経がなだめられる効果があるのです。コツとしては、こめかみを通るようにして、平行に頭の後ろで縛るようにします。このとき、斜めに下げて首の上で結ぶと効果がないので注意します。また、長時間締めると逆効果。長くても1時間くらいが目安です。
もちろん、ハチマキを締めて部屋の模様替えを始めては元も子もありません。くれぐれも、ハチマキを締めたら、どうでもいいようなことだけをするように心がけましょう。そうこうしているうちに眠気が自然にやってくるかもしれません。