糖尿病は感染症にかかりやすいのでしょうか

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
高血糖は、体内に侵入した細菌やウィルスなどを排除する「免疫」の力を弱めるため、糖尿病があると感染症が起こりやすく、いったん起こると重症化しやすくなります。
  • 呼吸法
    「かぜ」「気管支炎」「肺炎」などがあります。こまめにうがいをすることで、ある程度は予防できますが、気になる症状があったら早めに受診してください。インフルエンザの本格的な流行の前にワクチンの接種を受けておくのもよいでしょう。
  • 泌尿器
    「膀胱炎」「腎盂腎炎」などがあります。泌尿器の感染症を予防するためには、まずは尿意を我慢しないことが大切です。そして、ふだんから陰部を清潔に保つことを心がけてください。
  • 皮膚
    真菌(かび)」に感染し、「水虫」や「カンジダ症」を起こしやすくなります。真菌の感染を防ぐには、体を清潔にしておくことが大事です。
    また、「糖尿病神経障害(」があると皮膚の感覚が鈍くなるので、足の裏や足の指と指の問などに異常がないか、こまめに足をチェックする習慣をつけましょう。