おやすみクラシックス ピアノ 印象派

眠りを誘う効果の高いクラシック音楽を集めた、『おやすみクラシックス』シリーズのアルバム。
こちらの「おやすみクラシックス ピアノ<印象派>」は、ラヴェルやドビュッシーなどの印象派といわれる音楽と、その前後のフランス近代音楽の、繊細な響きをもったピアノ作品を集めた一枚です。
印象派ならではの響きの美しさにあふれた名曲や、端正で美しいピアノ作品がセレクトされています。
夢見るようなピアノの調べとともに、深い眠りにいざなわれていくことでしょう。
 

 ▼ 「おやすみクラシックス ピアノ<印象派>」 の詳細、購入はこちら。

収録時間:59分04秒(全12 曲)
 1. 即興曲第15番≪エディット・ピアフを讃えて≫(プーランク)
 2. ジムノペディ第1番(サティ)
 3. ジムノペディ第3番(サティ)
 4. 亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)
 5. 水の戯れ(ラヴェル)
 6. アラベスク第1番(ドビュッシー)
 7. 前奏曲集第1番~亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)
 8. ベルガマスク組曲~月の光(ドビュッシー)
 9. 夢(ドビュッシー)
10. 夜想曲第4番(フォーレ)
11. 組曲≪ラングドックにて≫~夕べの池のほとり(セヴラック)
12. 組曲≪ラングドックにて≫~春の墓地の片隅(セヴラック)