PC作業による目の疲れとドライアイが「アビリスプラス ブレスレット」で解消

夕方になると目の疲労がひどい

私の仕事はオペレーターですが、1日中、パソコンのディスプレーに向き合いながら働いています。勤務時問は、朝の9時から始まり、遅いときには夜の9時ごろまでです。もちろん、目への負担は中途半端なものではありません。

夕方になると、目がショボショボして、どうしようもありませんでした。また、職場の空調のせいで、目の乾燥にも悩まされました。そうした症状が、あまりにひどいときは、仕事中に目薬をさして、なんとかしのいでいたのです。

もともと近視で、仕事中はコンタクトレンズをしています。長時間、コンタクトを装着しているだけでも、目の負担になります。その上、こうした仕事をしているので、目の症状は悪化の一途をたどるばかりでした。

仕事が終わって帰宅すると、すぐにコンタクトを外しています。コンタクトを使っている人なら共感してくれると思いますが、前日にコンタクトを長時問装着していて、目の疲れがひどかったときには、翌朝が大変なことになります。いざコンタクトをしようとしても、なかなか目に入ってくれず、ようやく入ったと思ったら、今度は激痛に襲われて涙が止まらない、という具合なのです。

そんな朝を、毎日のようにくり返していました。今から1ヶ月前、知人から勧められたのが「「アビリスプラス ブレスレット」」でした。

目の疲れが取れるよ!と説明を受けたのですが、それでも、本当に効果があるのか、半信半疑でした。しかし、せっかく勧められたものだったので、だまされたと思って使い始めることにしたのです。

私は、右手首にバンドを着けています。右に着けた理由は、単純です。左手首は、時計を着けているからです。シンプルなデザインなので、女性が着けていても違和感はありません。また、とても軽いので、パソコン操作のじゃまにもなりませんでした。

目の疲れがいつの間にか感じなくなっていた

そして、効果を実感したのは、2週間後のことです。仕事中、夕方になっても、目の疲れ、ショボショボ感がとても軽いことに気付いたのです。さらに、目の乾燥も軽減して、目薬を使う頻度も少なくなりました。

長時間仕事をしても、目の疲れを翌日に持ち越しません。おかげで、毎朝、コンタクトをスムーズに装着でき、装着時の激痛も大改善しました。目の調子が全体的によくなったため、視力も上がっているようです。実際に検査をしたわけではありませんが、遠くの文字がよく見えるようになりました。

特に実感するのが、車の運転中です。今までは読めなかった距離にある標識の文字が、はっきりと読めるのです。自分でも、「あれ、こんなに見えたっけ? 」と驚きました。「アビリスプラス ブレスレット」を使い始めて、わずか1ヶ月ですが、うれしい効果が続出しています。今後も手放せそうにありません。

生体電流の乱れを整えるアビリスプラス ブレスレットはこちら。