本来の身体バランス、パワーを引き出すアビリスプラス ブレスレット ネックレス

日常に広がる人体への電流というリスク 生体電流の乱れは不調の原因

日常生活ではパソコン・スマホ・電気調理器異など常に電気があります。タブレットの画面操作も、体が持つ生体電流により操作してしまいます。便利な電気で、生活には欠かすことが出来ませんが、目に見えないため自分の体にどのような悪影響があるのかがわかりにくいという点も自覚しにくい原因です。

体はいつも家電製品などから電気を過剰に摂取してしまっています。

アビリスプラス ブレスレット ネックレスは、日頃、体に溜まる過度な静電気を放出して、整える目的で内科医の考えのもと開発しまた。プロ野球・ゴルフ選手の愛用者が増えているアビリスブスレットにブラックアイを搭載したコラボモデルですもクセサリー感覚で身に付けることができます。医療機器というイメージではなくとてもファッショナブルなデザインですので、装用しても全く違和感がありません。

「生体電流の乱れをスムーズに」することが現代人に今、必要なことです。

【ABILES|アビリス】

アビリスプラス ブレスレット

[PR]

アビリスプラス ネックレス

[PR]

アビリスプラスは生体電流を正常化することで様々な症状を改善、軽減することができる

人体には、生体電流と呼ばれる微弱な電流が流れています。脳波や心電図も、この生体電流の一部を測定したものです。生体電流は、生命活動のさまざまな場面で情報を全身の細胞に伝える、重要な役割の一部を担っています。

例えば、てんかんの人がけいれんを起こすのは、脳の電気信号、いわゆる脳波の異常です。このように電流というのはとても大切なのです。

ところが、生体電流の流れが、なんらかの原因で停滞すると、関節や筋肉に痛みが生じたり、ぜんそくや不整脈、アトピー性皮膚炎などの悪化の引き金になることもあります。そこで有害電気・電磁波の害を取り除き、生体電流の流れを整える方法が健康には欠かせないのではと考えるようになりました。

試行錯誤の結果、最も効果が高かったのが、銅線を特殊なコイル状にして、肌にはるという方法です。出来上がったこのコイルをさまざまな患者さんに試してもらったところ、関節痛やリウマチ、肩こり、腰痛、頭痛などの痛みの軽減や、アトピー性皮膚炎のかゆみの軽減などに、顕著な効果を発揮することが確認できたのです。

私は、これを使った療法は、効果をより高める可能性を秘めているのではないかと思い、その方法を模索してきました。そのとき考えついたアイデアの1つが、カーボンつまり「炭」と組み合わせることです。

生体電流の乱れは、体の不調につながるとも言われています。「ブラックアイ」の目的は「生体電流の乱れをスムーズに」することです。

一般医療機器搭載でコリ・痛みを緩和!【アビリス】

関連ページ