沸騰させれば安全度は上がるのか?

  • 投稿日:
  • by

トリハロメタンによる危険性が指摘される水道水も、水をヤカンに入れて一定時間沸騰させれば安全になるという人がいます。
それをわざわざ実演して見せているテレビ番組もありました。確かによく沸騰させることで、水道水に含まれる塩素が揮発してカルキ臭がなくなりますし、トリハロメタンなど揮発性の物質も少なくなります。しかし、水道水にはトリハロメタン以外にもタロロ酢酸類、クロラール類、クロロアセトン類、クロロアセトニトリルなど、さまざまな有機化合物が含まれています。中でもクロロ酢酸類は発ガン性が認められている物質です。
このクロロ酢酸類はトリハロメタンよりも沸点が高く、沸騰させても減らないばかりか、蒸発によって水が減った分、かえってその濃度が高くなってしまうのです。そればかりか、水道水は沸騰させることによって水の中の炭酸ガスが抜けて味がまずくなり、またカルシウムやマグネシウム、ナトリウムなど大事なミネラル分が失われたり、変質したりします。しかも塩素が抜けて七まった水道水は、雑菌に対する抵抗力がありませんから、早めに飲まないと雑菌が繁殖してしまいます。そうした意味で、水道水を沸騰させる方法は、おいしさや安全性、要する手間の面から見てもおすすめできません。もうひとつ、一般家庭に浸透している方法として「備長炭を入れる」などの炭を活用するというものがあります。これは備長炭の持つ、さまざまな不純物を吸着する性質を利用して、水道水を浄化しょうとするものです。実際に備長炭を汚水の浄化に用いている施設もあるくらいですから、この方法もヤカンで沸騰させるのと同様に、水道水のカルキ臭を取るのには効果があります。

しかし、備長炭は雑菌を含む有機物全般を除去できるわけではありませんし、塩素の除去効果を高めようと長時間置いたままにすれば、湯ざましの水と同じようにかえって雑菌が増える危険性もあるのです。水道水をまずくしている最大の理由は塩素ですから、沸騰したり備長炭を入れてカルキ臭を抜いた水を飲むと「おいしくなった」と感じることでしょう。しかし「おいしくなったから安全になったとはいえない」ということをお忘れなく。

関連ページ

  1. 国産 超軟水 おすすめ 5 選
  2. ミネラルを含む 温泉水 を飲んで スリム になる
  3. シリカ水 阿蘇外輪山天然優水 くまモンラベル
  4. ドクターウォーター 霧島天然シリカ水
  5. 高濃度 シリカ水 「silica」 美容に役立つミネラル シリカ
  6. 医師がすすめる体によい水とは 抗酸化力のある天然水「桜島 活泉水」
  7. 水 を飲みすぎる 水中毒 に注意
  8. 20年前に比べると11倍にもなったミネラルウォーターの市場
  9. 発作性偏頭痛 症例2「生理と関連した頭痛」
  10. 発作性偏頭痛 症例1「痰飲頭痛」
  11. 習慣性頭痛 症例2「頭痛体質は男性にも多い」
  12. 習慣性頭痛 症例1「瘀血による頭痛」
  13. 毎日流している生活排水ガ発ガン物質を作り出す
  14. 日本の水資源は水量も水質も恵まれていない
  15. 10時間以上のフライトでエコノミー症候群を防ぐには毎時80ccずつ水を飲む
  16. 水道水不信の、根拠
  17. 安全なミネラルウォーター ベースの天然水を化粧水として使用する
  18. 水分摂取と肌のうるおいについて
  19. 硬水が便秘を解消
  20. イライラを抑えるミネラルウォーター
  21. ミネラルウォーターによるダイエット
  22. 飲酒中は特に水分補給が大切
  23. 入浴中もミネラルウォーターを飲もう!
  24. 朝、昼、晩の3食中にも飲む
  25. 起床したらまずコップ1杯の水を飲む習慣
  26. どんな水を飲むのがいいのか?
  27. 飲むタイミング
  28. ウォーターローティングはアスリートだけではない
  29. ウォーターローティング
  30. ミネラルウォーターの考え方を変える
  31. 硬水と軟水の選び方
  32. 体にいい水の条件
  33. 沸騰させれば安全度は上がるのか?
  34. マンションの水道水は危険がいっぱい
  35. 水道水について
  36. pHにもこだわってみる
  37. 硬度別水の活用法
  38. 硬水・軟水について
  39. 無殺菌、フィルター除菌の水を選ぶ
  40. 地下水が清らかなミネラル豊富な自然水
  41. ミネラルウォーターを分類
  42. 浄水器の水はミネラルウォーターではない
  43. ヨーロッパの厳格な基準
  44. 本当のミネラルウォーターとは?を考える
  45. これほどミネラルウォーターが売れている理由
  46. 水の摂取が病気を予防する
  47. 水のリラックス効果
  48. イライラもミネラル不足が原因
  49. 現代人の食習慣の急激な変化
  50. マグネシウムとカルシウムの関係
  51. 骨量は20歳代までに決まってしまう
  52. 骨粗鬆症が急増している
  53. 体に必要不可欠なミネラルを水からとる
  54. 活動に必須の電解質イオン
  55. 体にとって欠かせない「マクロミネラル」
  56. ミネラルって?
  57. 血液=海水
  58. 「老化=水分を失う」こと
  59. 体の水分は1ヶ月サイクルで入れ替わる
  60. 水はどのくらい飲めばいいの?
  61. 女性は男性よりも水分が少ない?
  62. ほんの2%の水分不足でも脱水になる
  63. 体内に十分な水分が必要な理由
  64. 人体の6割は水分