「老化=水分を失う」こと

  • 投稿日:
  • by

いかに筋肉質でみずみずしい肉体をしていても、細胞の中の水は年齢を重ねるごとに減少していきます。老化とともに細胞の新陳代謝がスムーズでなくなり、活発に機能する細胞が減って、かわりに水分の含有量の少ない組織が増えるため、どんどん水分が失われてしまうのです。

やがて老人と呼ばれる頃には、体内の水分は発%程度にまで減ります。ここまで減ると、多くの水分を必要とする筋肉組織を維持できなくなり、どんどん筋肉が落ちていきます。そして筋肉と一緒に水分もまた減少します。
若い頃は体内の水に勢いがあり、量が多いため筋肉も柔軟です。しかし水分の減った筋肉は疲れやすく、力もあまりありません。老人の体力の低下は、この水分の減少による筋力の衰えから始まります。

つまり年をとるということは、体の中の水を失っていくことなのです。では反対に、水をたくさん飲み続けたら老化は防止できるのでしょうか。じつはこのことが現代医学の重要な研究テーマとなっています。
もちろん老化そのものは遺伝子のプログラムによるものですから、水を飲んだというだけで止められるものではありません。しかし体内の水を常に潤沢にすることで、生理機能を活発にさせ、老化のプログラムを遅らせることができるのでは、と真剣に考えられているのです。

水には「新陳代謝機能を高める」「老廃物を排除する」、そして「血液の循環をよくする」といった効能があります。従って水を毎日たくさん飲み続けることで、動脈硬化や脳卒中、糖尿病や腎臓病、肝臓病といった疾患を予防できると訴える研究者もいます。だから水には老化防止だけではなく、延命効果もあるというわけです。

しかし、どんな水でもただ飲み続ければいいと、トリハロメタンやトリクロロエチレンといった発ガン性物質を含んだ水道水を毎日飲んでいたらまったくの逆効果です。
できるだけキレイな水を飲む」は参考になります。
当然のことながら、ガンを発症する確率が高くなってしまうからです。それでは「体に正しい水」、つまり人間の健康維持にふさわしい水とは、どういう水なのでしょぅか。それを説明する前に、まず人間の体の中を流れている水の性質について知っておく必要があります。

関連ページ

  1. 国産 超軟水 おすすめ 5 選
  2. ミネラルを含む 温泉水 を飲んで スリム になる
  3. シリカ水 阿蘇外輪山天然優水 くまモンラベル
  4. ドクターウォーター 霧島天然シリカ水
  5. 高濃度 シリカ水 「silica」 美容に役立つミネラル シリカ
  6. 医師がすすめる体によい水とは 抗酸化力のある天然水「桜島 活泉水」
  7. 水 を飲みすぎる 水中毒 に注意
  8. 20年前に比べると11倍にもなったミネラルウォーターの市場
  9. 発作性偏頭痛 症例2「生理と関連した頭痛」
  10. 発作性偏頭痛 症例1「痰飲頭痛」
  11. 習慣性頭痛 症例2「頭痛体質は男性にも多い」
  12. 習慣性頭痛 症例1「瘀血による頭痛」
  13. 毎日流している生活排水ガ発ガン物質を作り出す
  14. 日本の水資源は水量も水質も恵まれていない
  15. 10時間以上のフライトでエコノミー症候群を防ぐには毎時80ccずつ水を飲む
  16. 水道水不信の、根拠
  17. 安全なミネラルウォーター ベースの天然水を化粧水として使用する
  18. 水分摂取と肌のうるおいについて
  19. 硬水が便秘を解消
  20. イライラを抑えるミネラルウォーター
  21. ミネラルウォーターによるダイエット
  22. 飲酒中は特に水分補給が大切
  23. 入浴中もミネラルウォーターを飲もう!
  24. 朝、昼、晩の3食中にも飲む
  25. 起床したらまずコップ1杯の水を飲む習慣
  26. どんな水を飲むのがいいのか?
  27. 飲むタイミング
  28. ウォーターローティングはアスリートだけではない
  29. ウォーターローティング
  30. ミネラルウォーターの考え方を変える
  31. 硬水と軟水の選び方
  32. 体にいい水の条件
  33. 沸騰させれば安全度は上がるのか?
  34. マンションの水道水は危険がいっぱい
  35. 水道水について
  36. pHにもこだわってみる
  37. 硬度別水の活用法
  38. 硬水・軟水について
  39. 無殺菌、フィルター除菌の水を選ぶ
  40. 地下水が清らかなミネラル豊富な自然水
  41. ミネラルウォーターを分類
  42. 浄水器の水はミネラルウォーターではない
  43. ヨーロッパの厳格な基準
  44. 本当のミネラルウォーターとは?を考える
  45. これほどミネラルウォーターが売れている理由
  46. 水の摂取が病気を予防する
  47. 水のリラックス効果
  48. イライラもミネラル不足が原因
  49. 現代人の食習慣の急激な変化
  50. マグネシウムとカルシウムの関係
  51. 骨量は20歳代までに決まってしまう
  52. 骨粗鬆症が急増している
  53. 体に必要不可欠なミネラルを水からとる
  54. 活動に必須の電解質イオン
  55. 体にとって欠かせない「マクロミネラル」
  56. ミネラルって?
  57. 血液=海水
  58. 「老化=水分を失う」こと
  59. 体の水分は1ヶ月サイクルで入れ替わる
  60. 水はどのくらい飲めばいいの?
  61. 女性は男性よりも水分が少ない?
  62. ほんの2%の水分不足でも脱水になる
  63. 体内に十分な水分が必要な理由
  64. 人体の6割は水分