一晩に5回以上もトイレにおきる頻尿が見事に治った

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

年齢と共に頻尿がひどくなる

私が頻尿を気にしだしたのは、60歳になった頃でした。

「昼問は2時問ごとに尿意があるうえ、睡眠中にも必ず1回、ひどいときには2回もトイレに起きるようになったのです。ただ、尿もれなどの症ひ状はなかったので、泌尿器科には行きませんでした。

ところが私の頻尿はますますひどくなってきました。不安にもなってきました。

65歳を迎える頃には、ひと晩に5~6回もトイレに起きるようになり、尿のキレも明らかに悪くなりました。尿の出も少しずつ悪くなり、排尿に時問がかかるようになってきたのです。

おそらく、男性特有の前立腺肥大に間違いないと思っていました。病院などには行かなかったものの、こうした尿トラブルにはとても悩まされていました。以前の会社の同僚にすすめられて、バナナの皮のエキス「水の勢」をとりはじめたのは、今年の2月ぐらいでしたでしょうか。

今まで、こうしたサプリメント(栄養補助食品)をとったことがありませんでしたが、元同僚のすすめということもあり、とりあえず夜、就寝前にとるようにしました。

しばらくすると夜中のトイレの回数が1~2回に減りました。しかも尿のキレがよくなって残尿感もなくなってきました。この状態は、5月の初旬まで続きました。尿トラブルがほとんどなくなったため、快適に過ごしていました。

ところが、5月中旬になると、頻尿は再発してしまったのです。3日問続けて、夜中に30分置きにトイレに起きるようになったのです。その3日問はほとんど寝られませんでした。就寝前に水分をとりすぎたわけでもなく、普段の生活に何か変化があったわけでもありません。たしぶん、天候が原因だと思います。

私は、40代半ばに脳梗塞、61歳のときに脳出血を起こしていたこともあって、気候の激しい変化や気圧が低い雨の日や梅雨は、体調が思わしくないことが多いのだそうです。突然の頻尿も、そうした体調の変化によって起こったのだろうといいます。

もっとも、頻尿がぶり返したのはその3日問だけで、以後は減っていき、1過問後には尿の回数も落ち着きました。その問も、バナナの皮のエキスを続けてとっていたので、そのおかげかもしれません。驚きましたね。

これからもバナナの皮のエキスを欠かさずにとっていきたいと思います。

※バナナの皮のエキスは、誰にでも同じ働きが現れるわけでは、決してありません。前立腺肥大や尿の悩みは、専門医による適切な治療や生活習慣の改善を行ったうえで、健康維持の一助として役立ててください。