蘭山苦瓜の成分がぎゅっと詰まったライフィックスの「糖素減」で強力に糖対策と口コミ

蘭山苦瓜は品種改良されていない希少な品種

蘭山苦瓜(らんざんにがうり)という苦瓜をご存じでしょうか?苦瓜(ゴーヤー」の一種ですが、糖に働く成分が豊富に含まれている植物で、最近は新聞やウェブ、TVなどでも注目されているので耳にしたことがあるかもしれません。

糖の切り札

もともと苦瓜(ゴーヤー)という野菜は、糖に働く成分が豊富です。ゴーヤーチャンプルーなどが体にいいことは多くの方々が知っていますね。少し苦みがあって苦手な人が多いのですが、良薬口になんとか...です。

ゴーヤは、その独特の苦味の元となる成分「チャランチン」や「モモルデシン」が糖対策に働きます。また「コロソリン酸」という成分が直接、糖にアプローチするとして学会で注目されるなど、とにかく糖対策への有用性について数多くの報告がされている野菜です。

ほかにも健康成分を多く含み、ビタミンやミネラルが豊富。そのほか、糖にアプローチする重要な成分も含まれています。農薬・重金属が検出されない苦瓜は、極めて安全性が良く、成分が安定し、糖対策の成分を豊富に含んでいます。その条件を満たす蘭山苦瓜は、糖が気になる方にとって力強い見方になるでしょう。

そんな苦瓜の中でも、特に有用成分が多く含まれている品種が「蘭山苦瓜」ですから、話題になるのは当然とも言えるのです。

栄養成分(1粒あたり)

  • エネルギー (1.8kcal)
  • タンパク質( 0.154g)
  • 脂質(0.018g)
  • 炭水化物(0.255g)
  • ナトリウム( 0.338mg)

どうにかしてこの苦瓜を入手したいのですが、蘭山苦瓜は希少な品種であるため、国内では入手困難です。現在、蘭山苦瓜を摂り入れる方法は「糖素減」というサプリメントを飲むことが唯一の方法となっています。

1粒に天然ゴーヤーのパワーを凝縮!
ライフィックスの糖素減

ゴーヤー(蘭山苦瓜)使用「糖素減」の使用感&口コミ

糖対策への有用性について多くの報告が集まっています。糖のコントロールが正常化するとダイエット効果も高まるようです。体質がやせやすい方向に向いてくれば多少、食事でハメを外しても大丈夫ということです。