糖尿病にスーパードクターはいない

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

テレビなどでよく、「スーパードクター」といわれる人の手術をしている姿をよく見ます。

手術のむずかしい場所にある脳腫瘍を見事に取り出す脳神経外科医。悪化した心臓を神業的に少ないダメージで手術する心臓外科医。

いずれも、「神の手」を持つドクターとしてあがめられています。ぁなたの身近にも、スーパードクターはいます。町の名医はお腹をよくさわり、血液の所見を見て、破裂する寸前の盲腸を診断します。熟練した内科医は患者さんからよく情報を聞き取り、家族の状況、町全体の感染症の流行の動向から、確実にインフルエンザを診断します。

ここで、患者さんサイドに大きな誤解が生まれます。「よい医者に当たればすべての病気は治る」そんな淡い期待を掩いてしまいます。

一万で、この世の中には治らない病気、あるいはきわめて治りにくい病気があります。その病気の代表が、糖尿病、高血圧症、そして腎不全です。この3つの病気に共通していることは、これらの病気が見つかったときには、おそらく少なくとも発症から10年以上が経過しているということです。

その日までまったく無症状のまま進行し、10年以上にわたって体中の臓器という臓器を痛めつけ、何かのきっかけで見つかったときには、臓器は相当のダメージを受けています。

たとえば腎臓は、その能力が5 分の1 以下になるまでダメージを受けないと、症状が出ません。そして10分の1以下まで機能が低下すると、透析をすることになり、長らく腎移植の順番待ちをする以外に治療の方法はなくなります。

糖尿病の病巣である膵臓も、何十年も使い続けて酷使すると、インスリンを分泌するβ細胞が不可逆的に壊れていきます。最近、「DPP-4 阻害剤」という薬が、膵臓のβ 細胞を再生させるかもしれないという製薬会社のアナウンスがありました。

しかしそれは、もともとβ 細胞が再生しやすいネズミの実験でのことです。人間で膵臓のβ 細胞を復活させることはむずかしく、本当の意味で確実に膵臓を復活させる方法は、いまのところ膵臓移植以外にはおそらくありません。

幸いなことに高血圧症だけは、50年前とは隔世の感があります。新しい薬が次々に開発され、それを飲むだけでかなり良好なところまで血圧をコントロールできる時代になりました。患者さんは病気には何らかの治療法があるものだと淡い期待を持っているかもしれませんが、この際はっきり言っておきます。糖尿病、高血圧症、腎不全にスーパードクターはいません。

スーパー治療もありません。糖尿病がわかったら、早めに手をうって対処する。スーパードクターは、あなた自身なのです。まずは、食事療法、運動療法を行いながら、糖素減で血糖値を安定させましょう。自覚症状がないからといって放置すると大変なことになります。

蘭山苦瓜の成分がぎゅっと詰まったライフィックスの「糖素減」はこちら。

糖尿病の食事療法 | 健康メモ
https://health-memo.com/2015/02/03/%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85%E3%81%AE%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E7%99%82%E6%B3%95/

糖尿病の運動療法 | 健康メモ
https://health-memo.com/2015/02/10/%E9%81%8B%E5%8B%95%E7%99%82%E6%B3%95/

蘭山苦瓜は品種改良されていない希少な品種

蘭山苦瓜(らんざんにがうり)という苦瓜をご存じでしょうか?苦瓜(ゴーヤー」の一種ですが、糖に働く成分が豊富に含まれている植物で、最近は新聞やウェブ、TVなどでも注目されているので耳にしたことがあるかもしれません。

糖の切り札

もともと苦瓜(ゴーヤー)という野菜は、糖に働く成分が豊富です。ゴーヤーチャンプルーなどが体にいいことは多くの方々が知っていますね。少し苦みがあって苦手な人が多いのですが、良薬口になんとか...です。

ゴーヤは、その独特の苦味の元となる成分「チャランチン」や「モモルデシン」が糖対策に働きます。また「コロソリン酸」という成分が直接、糖にアプローチするとして学会で注目されるなど、とにかく糖対策への有用性について数多くの報告がされている野菜です。

ほかにも健康成分を多く含み、ビタミンやミネラルが豊富。そのほか、糖にアプローチする重要な成分も含まれています。農薬・重金属が検出されない苦瓜は、極めて安全性が良く、成分が安定し、糖対策の成分を豊富に含んでいます。その条件を満たす蘭山苦瓜は、糖が気になる方にとって力強い見方になるでしょう。

そんな苦瓜の中でも、特に有用成分が多く含まれている品種が「蘭山苦瓜」ですから、話題になるのは当然とも言えるのです。

栄養成分(1粒あたり)

  • エネルギー (1.8kcal)
  • タンパク質( 0.154g)
  • 脂質(0.018g)
  • 炭水化物(0.255g)
  • ナトリウム( 0.338mg)

どうにかしてこの苦瓜を入手したいのですが、蘭山苦瓜は希少な品種であるため、国内では入手困難です。現在、蘭山苦瓜を摂り入れる方法は「糖素減」というサプリメントを飲むことが唯一の方法となっています。

1粒に天然ゴーヤーのパワーを凝縮!
ライフィックスの糖素減

ゴーヤー(蘭山苦瓜)使用「糖素減」の使用感&口コミ

糖対策への有用性について多くの報告が集まっています。糖のコントロールが正常化するとダイエット効果も高まるようです。体質がやせやすい方向に向いてくれば多少、食事でハメを外しても大丈夫ということです。

大好きな夜食をやめずにやせられた

ゴーヤー(蘭山苦瓜)使用「糖素減」は友人に教えてもらって昨年の10月初めから飲み始めました。というのも、その友人は、糖尿病の血糖値やヘモグロビンA1Cコントロールのために飲み始めたそうですが、1年で15kg以上もやせてしまったからです。しかも、友人はげっそりやせたのではなく、健康的にやせた感じ。それを知って自分も試してみようという気になりました。飲み方は、いたって簡単です。食事前に2錠、1日6錠を飲むだけです。

さて、問題の体重ですが、(蘭山苦瓜)使用「糖素減」を飲み始めて3ヶ月で約5kg落ちました。その間、とくに運動や食事制限などはしていません。大好きな夜食も食べていましたし、子供といっしょにおやつも食べていました。ストレスが全くなかったのもよかったのかもしれません。

つらい空腹感もなく、らくらくやせてしまった感じですね。おまけに、体脂肪も37%あったのが26% に減りました。いままでダイエットをして体重が減ったことはあっても体脂肪が減ったことはなかったので、正直、この結果には、本当に驚かされました。その後の年末年始は、1日1錠を3回ほどしか飲んでいなかったので、若干、体重が戻ったりもしたのですが、体脂肪はほとんど30%を超えることなく、現在もキープできています。体質が少し変化して太りにくい体質になったのかもしれません。うれしい限りです。

ゴーヤの有効成分が体をしっかり回復させてくれた

私は大の沖絶好きです。ゴーヤは4〜5年ほど前に現地で新鮮なものを食べさせてもらって以来、もやしやニンジンなどと妙めてチャンプルーにしてよく食べていました。

本格的にゴーヤを食べ始めたのは、昨年の春のこと。健康診断で中性脂肪値が高いといわれてしまったのがきっかけでした。せっかくですから会社の人に教えてもらった蘭山苦瓜(らんざんにがうり)を食べたいと思っていたのですが、沖縄のゴーヤとは、少し異なる希少なニガウリで滅多に手に入らないと知りました。特に糖に働く成分が豊富に含まれているとのことでした。

始めて、1~2ヶ月ほどで中性脂肪値が215~120mg/dlまで下がりました(正常値は50〜140 mg/dl)。まさかこんな短期間で数値が下がるとは思っていなかったので、その効果にはビックリです。希少価値の高い、蘭山苦瓜のサプリでライフィックスの「糖素減」のおかげだとあらためて思いました。

さらに、継続して飲み続けると、これまで何を試しても効果がなかった便秘も解消したのです。これまでは、うさぎのようなコロコロ便でしかも3~4日に1回程度しか出なかったのが、すっかり快便になりました。快便というのがこれほどまでに爽快なものかと驚きました。

サプリですからゴーヤ特有の苦味もありませんし、ストレスなく続けることができます。その魅力にとりつかれ、その後も毎日飲みつづけました。すると、ちょっとずつではありますが、体重も減り始めたんです。ゴーヤに含まれる共役リノール酸は脂肪の燃焼を促進することで知られていますが、1ヶ月に1kg程度ですが、半年もするとお腹回りがすっきりして自分でもやせたのが実感できました。体重が減ると、体が軽く感じるのがこれほどまでに快適だとは思いませんでした。

そして正常値内ですが、血糖値も下がりました。やせてからは、階段での息切れや膝の痛みがなくなって助かっています。中性脂肪値が下がったおかげで生活習慣病の心配からも解放されましたし、これからも「糖素減」は続けたいと思います。

精力をつけ夏バテを防ぐ健康食材ゴーヤー(蘭山苦瓜)

蘭山苦瓜(らんざんにがうり)通常知られている沖縄のゴーヤとは、少し異なる希少なニガウリで糖に働く成分が豊富に含まれており、最近は新聞やウェブ、TVなどでも注目されています。

沖縄から発信される健康食材のブームで、スーパーーなどでもゴーヤを頻繁に見かけるようになりました。沖縄の代表料理・ゴーヤチャンプルーは、ゴーヤの果実を豆腐などといっしょに妙めたもの。現地では、精力をつける夏パテ防止食材として、古くから重宝がられてきました。

ゴーヤには、ビタミンCが豊富に含まれているのですが(100g中に120ml)、幸いなことに妙めて熱を加えてもほとんど減少しません。ビタミンC には、シミやシワを防ぐ美肌効果のほか、血中コレステロールを下げる、ガンを防ぐ、ウィルスや細菌に対する抵抗力を高める働きなどがあります。

台南の山奥の民家では、ゴーヤーのジュースなどを飲むのが一般的です。ゴーヤのジュー、暑さをしのぎ、口の渇きを潤す飲み物としてゴーヤが使われていました。

中国医学では、病気になる前に病気にならないような食事をし、体の活力、すなわち免疫機能を高めておこうという、「未病医学」が食生活にいかされています。まさにゴーヤは、それを助ける食材のひとつだったのです。

血糖値降下作用はダイエットにも役立つ

中国・雲南省の薬用植物を記した書物には「苦瓜、味は苦、性質は寒、暑を清め、気を益し、口の渇きを止める」そその効用が記されています。

口の渇きを止めるということら、ゴーヤが古くから、糖尿病の症状に用いられていたことがうかがえます。近年、ゴーヤが健康食材として注目されているのも、その果実と種子に血糖降下作用があることがわかったからです。実際、糖尿病を発生させたマウスに、ゴーヤの抽出エキスを与える実験が行われているのですが、その結果、マウスの血糖値が著しく降下したことが確認されています。

これは、ゴーヤに含まれるインスリン様物質による作用で間違いないでしょう。また、最近は、同じくゴーヤーの種に含まれているタンパク質・モモルジンという成分も血糖値を下げるということで話題を集めています。

こうした成分が、なぜ血糖値を下げるのか、くわしいメカニズムはまだ解明されていません。しかし、これまでの研究で、ゴーヤに、糖分の分解を促進し、過剰な糖分をエネルギーに変える作用があることは明らかです。血糖値が低い状態が維持できれば脂肪の燃焼を助けて肥満の防止にもつながります。ゴーヤの血糖降下作用は、糖尿病以外の人にもうれしい働きといえるのです。

ゴーヤの健康効果はこれだけではありません。食物繊維のほか、カロチンやカリウムも多く持っています。食物繊維は、腸内環境を整えて便秘の解消に役立ち、カロチンは目の健康維持、ガン予防に効果を発揮します。

カリウムは、高血圧の改善に効果的です。さらに、私たちが行った実験では、種子に活性酸素を消去する、強い抗酸化作用があることもわかりました。悪玉の活性酸素が体内で暴れると、細胞が傷つき酸化して、ガンや老化、動脈硬化、心

筋梗塞、脳卒中などを招きやすくなります。これを防ぐ働きが抗酸化作用です。つまり、ゴーヤには、生活習慣病を防ぐ働きもあるというわけです。

とはいえ、ゴーヤを毎日の食事にとり入れるのはなかなかたいへんだという人もいることでしょう。なにより問題なのが、ゴーヤ独特のあの苦みです。そこで、皆さんにおすすめしたいのが、ゴーヤの成分をぎゅっと詰めたライフィックスの「糖素減」というサプリです。

サプリなら香ばしくて苦味や臭みが気になりませんし、シーズン以外でもゴーヤの有効成分をとることが可能です。

血糖降下剤は一生飲むものだと医師に言われていた

私が遺伝性の糖尿病と診断されたのは、42才のときでした。それ以来、40年近く、血糖値を下げるための薬づけの毎日を送ってきました。月に1回は病院へ通い、食事にも気をつかってきました。主治医には「薬は多少、増減してもずっと飲むものだと思っていてください」と言われていました

たとえば、カロリーが高く、油物の天ぶらやカツなどは、この40年食べたことがありません。不思議なもので長い間、そうした食事をつづけていると、体が慣れてしまい、油物を食べたいとさえ思わなくなってしまうのですが、薬だけはできるものならば、やめたいこ思っていました。

とはいえ、悪化してインスリンに頼る生活になってしまったり、合併症になどなってしまってはたいへんです。糖尿病の本当の恐怖は合併症だといつも聞かされてきました。毎日、ひたすら悪化しないことを祈り、がまんして血糖降下剤を飲みつづけてきました。

糖尿病の合併症
https://diabetes-d.com/

その私が、なんとか糖尿病を進行させないようにと始めたのが、ゴーヤでした。娘の友人が沖縄に住んでいて教えていただいたのですが、ゴーヤには血糖値を下げる働きがあるのだとか。蘭山苦瓜というゴーヤには糖尿病対策に優れた成分がたっぷりはいっているというのです。それで、1年ほど前からゴーヤー(蘭山苦瓜)使用した糖素減を飲むようにしました。

効果を感じたのは半年ほどしてからでした。検査でヘモグロビンA1Cの値が6.7→5.8→5.2と、下がったのでこれは効くんんだと驚きました。

後から聞いたのですが、またゴーヤの「コロソリン酸」という成分が直接、糖にアプローチするとして学会でも注目されているというのです。

これまでの40年、薬を飲みつづけてここまで数値が下がったのは初めてのことでした。お医者さまも驚いて、これなら薬を減量してもいいかもしれない、とおっしゃったほどです。80才になってさらに元気になってしまうなんて信じられません。

ヘモグロビンA1Cが6.7から5.2に下がったゴーヤー(蘭山苦瓜)使用の「糖素減」はこちら。