ショウガの成分をさらに高めた「蒸しショウガ」でさまざまな症状や病気を改善(実際の使用感)

生姜で冷えた体を温めて病気や不快な症状を軽減させよう!というものです。腰痛もちの人などは感じているかもしれませんが、朝、少し冷え込むといつもより腰の痛みが増していたり、だるさが強いと感じることはありませんか?

腰痛もちの人は、天気でかなり痛みが左右されます。私たちの理想的な体温は、36.5~37.2度ですが、日本人の多くは36度未満です。
そのうえ、皆さん冬の寒い時期には、体を冷やさないように注意されますが、暖かくなってきたらついつい油断しがちです。
低体温になると血流が悪化し、末梢の毛細血管まで血が巡らなくなります。すると体は、血管を拡張させて血行を促そうとします。このときに、プロスタグランジンという成分が分泌されます。このプロスタグランジンは、血管拡張作用とともに、痛みを引き起こす特徴があるのです。

体を内側から温めてくれる食材を積極的に摂取することです。その代表格といえば、ショウガでしょう。ショウガは、漢方の生薬として用いられることも多く、古来より心身万病の妙薬とされてきたほどの健康食材です

ショウガをかじると、強い辛みを感じますが、それはジングロールとショウガオールという2つの成分によるものです。ショウガに含まれるこの2つのしん辛みの元が、体を芯からポカポカと温めてくれるのです。

冷えの改善にはショウガオールのほうがより効果的だといえます。しかし、生のショウガに含まれているのはジングロールがほとんどで、残念なことにショウガオールはほんのわずかしかありません。

しかし、そのショウガオールを飛躍的にふやす方法があるのです。それが、「蒸しショウガ」です。