体内時計による時差ぼけをリセットする

私たちはみんな体内時計というものをもっていて、それによって睡眠サイクルなどがコントロールされています。体内時計といわれるこの体内リズムは25時間でプログラムされていますが、地球の周期は1日24時間なので、どうしても時間のずれが生じます。この時間のずれは、私たちが太陽の光を浴びることでリセットされ、24時間の生活サイクルに調整されているのです。

そして、このリセットが上手くいかないと、朝起きるのがつらかったり、夜になっても眠れなかったりします。このように、私たちの体は時差ぼけのような状態になってしまうのです。だから、朝、目が覚めたら、まずは寝室のカーテンを開け、太陽の光をたっぷり浴びましょう。こうして、体内時計をリセットすることが大切です。

体内時計と生活リズムについて詳しくはこちら

おすすめはヨガの呼吸法

カーテンを開け朝日を浴びたら、ヨガの呼吸法をおこなうのも、体内時計のリセットに効果的です。ヨガや太極拳、坐禅などを毎朝おこなうのがさらに理想ではありますが、忙しい朝にこれらを毎日おこなうのは現実的に難しいと思いますので、手軽な呼吸法だけでもおこなってみましょう。

ヨガの呼吸は、簡単な割に自律神経のバランスを整えるのに役立ち、特に女性にはおすすめです。

やり方は簡単で、基本、時間をかけてゆっくりと息を吐ききる、それから、無理に息をたくさん吸わないことです。これだけなら、続けてできると思います。

できれば窓を開けておこない、肩幅くらいに足を広げ、ゆったりした気持ちで呼吸しましょう。息を吸うときは鼻から、吐くときは口からです。息を吐くときに腹筋に力を入れ、ゆっくり吐ききることがコツになります。おへその下あたりに手を当て腹筋を意識しながらおこなうとわかりやすいでしょう。これを5分ほど繰り返します。