野菜炒めのときタマネギは水にさらす?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Question

野菜炒めのときタマネギは水にさらす?

  1. さらす
  2. さらさない

Answer

2のさらさない

タマネギは腸にも血管にもいいということです。また、タマネギにはオリゴ糖も含まれています。タマネギが管にいい理由をおさらいしましょう。

  • 強い抗酸化力のあるケルセチンが含まれている
  • ケルセチンが血管をしなやかに開いて血圧を下げてくれる
  • オリゴ糖が腸内で善玉菌のエサになる

タマネギは、やっぱり腸にも血管にもいい食品です。しかも、いろいろな食品との相性もいいのて 料理にも使いやすいとても優秀な食材です。

ところで、妙め物にタマネギを入れるとき、水にさらしてから使いま すか? 「水にさらしたほううが辛みがとれておいしい」と言われることがありますが、栄 養という点で言えば、水にさらさずにそのまま使うほうがおすすめです。

なぜなら、抗酸化物質のケルセチンは水溶性なので、水にさらすと流れ出てしまうから。 もったいないのです。

タマネギの持っている効果を最大限に活かそうと思ったら、水にさらさずそのまま使う ことをおすすめします。

ところで、タマネギの皮はむきますか? おそらくみなさん、茶色い部分はむいて捨て てしまうはずです。

でも、じつはケルセチンが一番たくさん含まれているのは、皮の部分なのです。 タマネギの皮を乾燥して粉末状にした製品、見かけたことはありませんか? 調味料と して料理に混ぜたり、お湯に混ぜてタマネギ茶として飲むものとして市販されています。

なぜタマネギの「皮」を粉末にしているのかというと、ケルセチンが多いからなのです。ただ、ふだん料理に使うときには、やっぱり皮をむいて使うのが普通です。でも、ちょっとした手間をかけることで、中身のケルセチンを増やすことができます。それは、皮をむいた状態で日光に当てるということ。たったそれだけで、1週間ほどでケルセチンの量は4、5倍に増加します。太陽の光から細胞を守ろうとしているのでしょう。

しかも、一度増えたケルセチンはその後減ることはありません。ただし、あまりに長く日にさらしているとタマネギが乾燥してしまうので、1週間ほど日に干したら、冷蔵庫に入れていただいて構いません。

タマネギを買ったら、まず皮をむいて1週間はど日に干す。そしていざ料理をするときには水にさらさずそのまま使う。これでケルセチンのパワーが全開になります。

たまねぎ皮のポリフェノール茶「さらさらたまねぎ茶」の口コミ、使用感、効能、効果など。