うつ病でよく見られる9つの症状

気分が憂鬱で落ち込んでしまう。これまでおもしろかったことが楽しいと感じられなくなってしまう。この2つがうつ病のもっとも中心的な症状です。

ここまで、うつ病という病気のいろいろなパターンを見てきました。症状などについてもそのつど紹介してきましたが、ここで、うつ病でよくみられる9つの症状についてまとめておきましょう。

1.抑うつ気分

気分が落ち込んでいる、沈み込んでいる、悲しくてしかたがない、憂うつだ、希望が持てない、というような気分です。

実際にそういうせりふを口にする人もいますし、ことばには表さない人もいます。周囲の人がなにかようすが変だと思うほど、泣き出してしまいそうな感じや、すっかり疲れ切ったようにみえることもあります。このような症状は、朝から午前中にかけてとくに強く、午後から夕方に向かうころに少し気持ちが上向くというパターンがよくみられ、抑うにちないへんどうつ気分の「日内変動」と呼ばれます。

人によっては、憂うつな気分よりも、体の痛みやだるさ、怒りつぼい、いつもイライラしているといったことが表に立って、抑うつ気分がみえにくい場合もあるので注意が必要です。

2.興味や楽しさの喪失

これまで好きでやってきたことが、できなくなったり、おもしろいと感じられなくなる、という症状です。これまで楽しみにしていたスポーツや趣味に興味を示さなくなります。

たとえば、これまでテレビの野球中継を欠かさず見て、翌朝にはスポーツ新聞もチェックしていた人が、テレビにも新聞にも興味を示さなくなったり、とてもおしゃれだった人が、身だしなみを気にしなくなったりします。なにもおもしろいと思えないので自分のからに閉じこもってしまうのですが、周囲の人から見ると、なぜあんなに好きで熱心だったことをやめてしまったんだろうと不思議に思えるくらいです。

このように、本人にも比較的自覚されやすく、家族や友人など周囲の人も気づきやすいことなので、うつを早く見つけるためのひとつの手がかりともいえます。

うつ病の症状は、人間の基本的な行動の変化としても現れます。なかすいみんでもよくみられるのが、食欲と睡眠の変調です。

3.食の減退(時に増加)

うつ病になると、多くの場合、食欲がなくなります。「なにを食べてもおいしいと感じない」「食べないと体によくないと思うので、むりに口の中に押し込んでいる」「砂をかんでいるような感じ」などということばがよく聞かれます

ときには逆に、食欲が極端に増す人もいます。甘いものなど、かたよった食べものばかりがほしくなるということもあります。それでもはじめのうちはなんとか食べようとしているのですが、状態がだんだん悪化してくると、そのうちほんとうに食べられなくなってしまって、1~2 か月で4~5キロ体重を減らしてしまう人もいます。

不思議なことに、きちんと食べていてもやせるということもあります。まわりからはっきりわかるほどやせてしまうので、なにか重要な体の病気ではないか、あるいは若い女性なら、拒食症ではないかと身近な人が心配して医療機関につれてきて、うつ病が見つかるということもあります。

重症な患者さんのなかには、「死にたい」という気持ちが強くなって絶食してしまう人もいますから、注意が必要です。

4.睡眠障害(不眠時に過眠)

うつ病の人では、不眠がたいへんよくみられます。寝つけない(入眠障害)、いったん寝ても途中で目が覚めてしまう人途中覚醒)、よく眠れない(熟眠障害)、すごく早く、深夜から早朝の時間帯に目が覚めてしまう(早朝覚醒) と、いろいろな形で現れてきます。

いやな夢に悩まされるという人もいます。うつ病による不眠ではとくに、早く目が覚めるという症状がよくみられるのがひとつの特徴です。

によっては、夜の睡眠時問が極端に長くなったり、昼間にずっと寝ているなど、過眠、睡眠過多という症状が現れる人もいます。

また、食事や睡眠と並んで、人間の基本的な欲求のひとつである性欲げんたいが減退するというケースもよくみられます。食欲と睡眠は、人間にとっていちばんたいせつな欲求です。「食欲がなく、眠れない」という状態が1週間以上続くようなときは、医師に相談すべきでしょう。

極端に元気がない、やる気が落ちる、自分をひどく責める、集中力の低下といったことも、うつ病の症状として起こります。

5.精神運動の障害(制止、焦燥)

まわりからはっきりとわかるほど、体の動きが極端に鈍くなったり、ことばが少なくなったり、声が小さく話が単調になったりします。

このような状態を、専門用語では「精神連動制止」といいます。さらにひどくなると、ほとんど横になつてなってばかりで、話しかけても切れ切れの返事しか返ってこないようになります。

逆に、いても立ってもいられないほどイライラしたり、あせるような気持ちが強くなる人もいます。落ち着きがなく、しきりに体を動かしたり、うろうろと歩きまわったり足踏みをしたりします。とてもおしゃりになり、まわりの人にいろいろなことをしつこく訴えたりもします

50~60歳くらいの女性に起こる「退行期うつ病」に、この症状が多いといわれます。このようなときには、一見元気そうに見えてうつだと気づかれにくいので、注意が必要です。

6.疲れやすい、気力が落ちる

それほどたいへんな仕事や家事をしたわけでもないのに、とても疲れやすく、体が重く感じます。また、気力が落ちてやる気がなくなります。洗顔や着替えなどのあたりまえの日常動作に非常に時間がかかってしまうこともあります。本人はとても努力しているのに、なかなかうまく進まないというような状態です。

7.無価値感、罪悪感

うつ病になると、自分がなんの役にも立たない人間だと思えたり、理由や根拠もないのにひどく自分を責めたり、ふだんなら気にならない小さなことでもくよくよと後悔することがあります。この状態が進むと、失業率の増加や不景気など、社会的な問題までも自分のせいだと思ってしまう人もいます。

8.思考力、集中力の低下

仕事に集中できずに能率が目立って落ちたり、注意しているつもりなのににミスが重なったりします。小さなことでも以前のように決断ができなくなり、いつまでもあれこれと迷ってしまう人もいます。そのため、ボケが始まったんじゃないかと心配して相談に来る人もいます。

高齢者の場合には、実際に「痴呆」のようにみえることがありますが、うつ状態によるものは「仮性痴呆」といって、治療により改善します。

9.死を考える

うつ病が重くなると、自分の死という考えが、症状として出てきます。「自分の死」について、短い時間だけ思い浮かぶこともあれば、「死んだほうがましだ」「死んでしまおう」という気持ちが頭から離れなくなってしまうこともあります。

ほんとうに死ぬことを計画したり、試みてしまう人もいます。うつ病の症状が進むと、自分の世界に閉じこもるようになります。そして、なんでもわるいほうに考え、自分を責め、これから先にいいことは全然ない、自分がいるだけで迷惑だと、自分で自分を追い詰めてしまうのです。

よくいわれるのは、うつ病の状態が非常にわるいところから、少しずっ改善に向かう時期に、自殺のおそれが高いということです。患者さんの状態がよくなりはじめたきざしに、まわりの人は敏感に気づきます。よく眠れるようになったようだ。食事が前ほどつらくなさそうだ。身くぼまだしなみに気を配るようになってきた。声に執りが出てきた。家族や身近な友人は、早くよくなってほしいと願いながら本人のようすを見守っているので、小さな変化でも気がつきます。

けれどもそういう状態になっても、本人はまだよくなったとは思っていないことがほとんどです。状態がわるく、ほんとうにつらく苦しかっかたときの気分が忘れられず、簡単にはよくなったという気分が持てないのです。そんなときにまわりから「だいぶよくなったね」といわれると、「やつぱりまるでわかってもらえない」とがっかりし、絶望的な気持ちになり、それが死への思いを強めてしまうことがあります。

うつ病の人は、自分のこんな悩みを人に聞かせては迷惑だ、気持ちにふたん負担をかけるし、いやな思いをさせてしまうと考え、閉じこもっていきます。

死への思いも、自分に閉じこもることから深まっていきます。そういう意味でも、自分だけで抱え込まずに、まわりの人にいまの気持ちをうち明けて、医師にも積極的に手助けを求めることがたいせつです。

まわりの人は、いつでも話を聞きます、聞かせてほしい、というメッセージを、折にふれて本人に伝えていきましょう。もしも「自殺」や「死」ということばが聞かれたら、「あなたがいなくなったらとてもつらく悲しい」と繰り返し伝えるとともにすぐに医師に相談しましょう。

体にあらわれるその他のうつの症状

うつ病は、身体面の症状が出やすい病気で、頭痛、頭重感、口渇、便秘、下痢、腹部吐き気、しびれ、肩こり、、さまぎまな症状がみられます。本人はとてもつらいのですが、検査をしてもこれといった病気が見つからないことが多く、病院を転々とすることもあります。

原因のわからない体調の不良が続いていたり、明らかにつらい身体症状が出ているのに、内科にかかっても原因が特定できない場合には、一度精神的な疾患を疑って、精神科や心療内科を受診してください。