天然成分で作られたガンマ-リノレン酸配合「イッチノン」の効能、効果

γ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)は、体になくてはならない栄養素"必須脂肪酸"のひとつですが、通常の食事から摂取することは非常に難しい栄養素で、自然界では母乳と一部の植物(月見草など)にしか含まれていません。

しかも、ストレスや加齢、偏った食生活から作られにくくなるため、直接摂取する必要があります。このγ-リノレン酸、さまざまな効果が期待されており、ヘルスケア現場でも活躍しています。

生物発酵法でつくられるγ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)赤血球を柔軟にして血流をアップさせる

γ-リノレン酸は全身にある細胞膜を構成する必須脂肪酸で食事からの摂取は困難です。「血液の流動性」と訳される血液レオロジーは、私たちが健康を維持するうえで非常に大切な要素です。私たちの体は37兆個の細胞から作られています。もともとは1個の受精卵からスタートしを細胞分裂繰り返した後、体の構成部分により骨や筋肉、皮膚、神経、血管などになります。現在200種類以上の細胞の存在が確認されています。

私たちが毎日、口にしている食事の栄養は、胃や腸を通過する問にさまざまな消化酵素によって分解され、腸から血液中に吸収され、全身の細胞に運ばれます。このような血管†Jま古古酸素や栄養素を運ぶ動脈と、二酸化炭素や老廃物を回収する静脈があります。これらをつなぐ役割を果たしているのが全身の組織に張り巡らされている毛細血管で、血管総延長の99% を占めています。

赤血球の直径は約8ミクロンです。全身に張り巡らされた毛細血管の直径は約6ミクロンしかないため、赤血球はみずから形を変えて毛細血管の中に入る柔軟性を持っています。

ところが、変形能が衰えて柔軟さを失った赤血球は、毛細血管の中に入れなくなります。その結果、体のすみずみに存在する細胞に酸素や栄養素が届かなくなり、代謝や分泌といった細胞が果たすさまざまな機能に悪影響を与えてしまうのです。

細胞は主に脂質から作られる細胞膜によって覆われています。細胞膜の重要な構成物に、必須脂肪酸のγ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)があります。γ-リノレン酸は母乳や一部の植物種子などにのみ含まれています。γ-リノレン酸はリノール酸をもとに肝臓から代謝されて作られるものの、通常の食事から十分な量を摂取することが非常に困難です。

加齢のみならず、脂質の代謝異常を起こしやすい慢性腎臓病や糖尿病の方は、細胞膜に含まれるγ-リノレン酸の量が圧倒的に少ないのです。

微生物の力で件られたγ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)が血液の流動性を高める

そんな中、微生物発酵法という特殊な技術で作られるγ-リノレン酸(ガンマの油)です。ムコール菌という微生物の力によって作られるガンマの油は細胞膜の材料になることで血球を柔軟にすることが期待されています。ガンマの油には赤血球の柔軟性を甘同めるカがあることを確かめています。この結果は、権威のあるスイスの腎臓病学術誌「ネフロン」に掲載されています。

現在、国内には慢性腎臓病の方が約1330万人、末期腎不全を経て人工透析を受けている方は、約32万人もいます。慢性腎臓病や透析患者さんは動脈硬化が進行していることが多く、血液の流動性が悪化しやすいといえます。

腎臓病学術誌に載った抜群の血液改善力で腎機能も改善した「ガンマの油 イッチノン」

「ガンマの油 イッチノン」のサプリを実際に飲んだ生の声

全身の細胞を持っている細胞膜にはγ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)が多く含まれていますが、毎日の食事から摂るのは困難です。微生物発酵法で抽出されるガンマの油は細胞膜を柔軟にして血流を改善します。