高血圧が原因で心臓、腎臓の機能が悪化し人工透析導入

私は、長いことに市営バスの運転手として働いてきました。乗客の命を預かるという仕事がら、健康管理には人一倍気を遣ってきたつもりでしたが、40代から次々と異変が現れるようになりました。

まずは会社で受けた健康診断で高血圧を指摘されました。高いときは、最大血圧(基準値は101~139mHg)210mHGになったり最小血圧(基準値は61~89mHG)が140mHGにもなってしまいました。

普段の食生活を徹底的に見直しても180/120mHGから全く下がらないのです。こんなに高い血圧でしたので、動悸がしたり、めまい、頭痛などの症状は頻繁に起きていました。特に起床時がつらくて困りました。

高血圧の持病はそのままに、仕事はこれまでと同様に行っていました。しだいに疲労感が激しくなり、胸部の不快感も次第にひどくなり精密検査を受けたら、心臓弁膜症と診断されました。担当の先生から「心臓にある弁が正しく働いていないので、心臓の機能に異常がある」といわれました。

弁に異常が現れる原因はさまざまだそうですが、私の場合は、高血圧による勲動脈硬化が深く関係しているとのことでした。

心臓弁膜症と診断されると、通常、障害された弁を人工弁に置換する手術が行われます。私の場合、重度の高血圧手術が受けられず、薬物療法で様子を見ることになりした。

すると、その後の検査で心臓だけでなく、腎臓の機能も悪くなっていることが分かりました。腎機能の指標となるクレアチニン値が異常に高く、慢性腎臓病と診断されました。当時の具体的な腎機能値は分かりませんが、担当の先生からは、人工透析が必要といわれるほどでした。

バスの運転手として働き盛りで手術や人工透析に抵抗があったものの、薬だけでは心臓の機能低下を防げないといわれ、3ヶ月聞入院して弁の置換手術を受けました。

私が53歳のときのことです。「手術後は心臓の調子もよくなり、腎機能倦も徐々に回復していきました。腎臓病の食事制限は必要ですが、何とか人工透析は回避できました。

ところが、手術から8年後に腎機能の悪化が判明。クレアチニンの値(男性の基準値は0.6~1.1mg) が6.0mgまで上昇し、たんばく尿も悪化しました。

腎機能が低下すると水分の代謝が悪くなるので、足や顔がパンパンにむくんでしまいました。

ガンマの油サプリメント「イッチノン」とクリームでかゆみが治まり効果を実感

担当医から末期腎不全の状態といわれ、1回につき4時間の人工透析を受けるために週3回、通院することになりました。しだいに人工透析に伴う合併症に悩まされるようになりました。

透析を受けてから、かゆみを感じたり、胸や足がつったりするようになりました。に全身のかゆみがひどく、透析中にも起こりました。

夜の就寝時にかゆみを感じることも多く、睡眠不足になっていました。足のすねはかきむしりによって、真っ赤になっていました。

病院で処方されたかゆみを抑える薬を塗っても症状が改善せずにストレスだけがどんどん溜まっていきました。

ガンマ良質なγ-リノレン酸のガンマの油に出合ったのは、それからすぐでした。ガンマの油サプリメント「イッチノン」とクリームを取り寄せ、朝食後にサプリを4粒飲みながら、かゆみを感じるところにクリームをこまめに塗るようにしました

サプリを飲んでしばらくは効果を感じませんでした。飲むのを1週間はど中止すると、猛烈なかゆみが出て、すねが真っ赤になったんです。慌ててサプリを飲んでクリームも使ったら、2~3週後にはかゆみが軽くなり、きれいな肌回復しました。いまでもかゆみの悪化はなく、ガンマの油の効果を実感しています。

人工透析の強烈な痒みが軽減したγ-リノレン酸のガンマの油はこちら。

震災の移住後にクレアチニンの値が悪化

私は以前は、福島県南相馬市に住んでいました。20011年3月に発生した東日本大震災で津波による深刻な被害を受け、主人や娘と車に乗って関西方面に避難しました。

ところが、避難途中で京都にさしかかったとき、主人が脳梗塞を起こしてしまいました。すぐに病院で治療を受けました。それ以来、家族で京都に住むようになりました。ちなみに現在、主人の脳梗塞は軽い後遺症が残る程度にまで回復しました。

長く住み慣れた故郷を離れ、新しい土地に暮らさざるをえなくなり、震災はもちろん、生活環境の変化からも大きなストレスを感じるようになりました。そのときは、必死ですからストレスだという自覚はありませんでした。

東日本大震災が起こつてから8年が経過しました。いまでも夜になると津波で流されていった友人や親戚の姿が目に浮かんで、眠れないことがあります。

主治医の先生からは「忘れることも大切です」といわれますが、とても忘れることなどできません。

脳梗塞を起こした主人の体調を最優先に考えて生活していますが。私自身も若いこじんから、腎臓の機能が低下していることを医師に指摘され、クレアチニン値やBUN値が基準値より高い状態です。

私はスーパーマーケットを家業とする主人と二十代で結婚しました。以後は毎日、家族や住み込みの従業員の食事の世話などで、忙しい日々を過ごしていました。第一子を妊娠した24歳のときに、体のだるさやむくみ、排尿回数の少なさが気になるようになりました。病院で診てもらったら、腎臓の働きが弱っていると診断されました。

診察を受けたさい、主治医のから「仕事や家事で無理をせず、このまましばらく様子を見ましょう」といわれました。

医師からは、食生活や水分補給の指導を受けたものの、薬は処方されませんでした。まだ、投薬の治療は必要ないと言われました。腎臓の調子は気になりましたが、忙しさのあまり、定期的に検査を受けることもなかったんです。

3人の子どもを育てながら家業に従事する毎日を過ごしていました。その後、は、地域に住む子どもや高齢者の健康や生活の相談を受けるアドバイザーとして活動していた時期もありました。

京都では信頼が置ける医師に巡り合い、安心して診察を受けられるようになりました。腎機能値の低下や1日3回程度という排尿回数の少なさは相変わらずでしたが、先生から「がんばってこれ以上悪化させないように治していきましょう」と、いつも励ましていただきました。

ガンマの油サプリメント「イッチノン」排尿回数が5回に増え、クレアチニン、BUNも維持

腎機能の維持を強く願っていた私がガンマの油サプリメント「イッチノン」と出合ったのは、3年前の冬でした。健康雑誌に特集が掲載されていたガンマの油の記事に関心が高まりました。

ガンマの油は、全身に数十兆個存在する細胞の膜を構成ガンマするγ-リノレン酸を豊富に含むサプリメントです。ムコール菌という微生物のカで作られるガンマの油は血流の改善に優れたカを発揮することが確かめられています。

慢性腎臓病や透析患者さんに多く飲まれ、腎機能の維持や改善に役立っていたのですが、研究結果のあるガンマの油サプリメント「イッチノン」なら副作用も起こりにくいと考えたんです。試してみる価値があると思いました」すぐにガンマの油サプリメント「イッチノン」を取り寄せ、朝・晩の食後に2粒ずつ、1日計4粒を飲みはじめました。

しばらくすると、いつの間にか尿の回数が増えてきました。1日2~3回程度だった回数が5~6回まで増えたので、ガンマの油サプリメント「イッチノン」の効果を感じました。

その後、しだいに体のむくみも解消し、体全体の調子がよくなってきた実感がありました。基準値より高かった血圧と血糖値も徐々に下がりはじめました。

以後も毎日、ガンマの油サプリメント「イッチノン」を飲みつづけています。2年半ほどたった現在の体調は、いままでにないほど良好です。

最近は、新しい家族の1人としてひ孫が加わりました。久しぶりに会った友人から「あなた、年を取らないわね」と驚かれるほど、体調のよさに感謝しています。

尿量が1日に2~3回から5~6回に増えたガンマの油サプリメント「イッチノン」はこちら。

γ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)は、体になくてはならない栄養素"必須脂肪酸"のひとつですが、通常の食事から摂取することは非常に難しい栄養素で、自然界では母乳と一部の植物(月見草など)にしか含まれていません。

しかも、ストレスや加齢、偏った食生活から作られにくくなるため、直接摂取する必要があります。このγ-リノレン酸、さまざまな効果が期待されており、ヘルスケア現場でも活躍しています。

生物発酵法でつくられるγ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)赤血球を柔軟にして血流をアップさせる

γ-リノレン酸は全身にある細胞膜を構成する必須脂肪酸で食事からの摂取は困難です。「血液の流動性」と訳される血液レオロジーは、私たちが健康を維持するうえで非常に大切な要素です。私たちの体は37兆個の細胞から作られています。もともとは1個の受精卵からスタートしを細胞分裂繰り返した後、体の構成部分により骨や筋肉、皮膚、神経、血管などになります。現在200種類以上の細胞の存在が確認されています。

私たちが毎日、口にしている食事の栄養は、胃や腸を通過する問にさまざまな消化酵素によって分解され、腸から血液中に吸収され、全身の細胞に運ばれます。このような血管†Jま古古酸素や栄養素を運ぶ動脈と、二酸化炭素や老廃物を回収する静脈があります。これらをつなぐ役割を果たしているのが全身の組織に張り巡らされている毛細血管で、血管総延長の99% を占めています。

赤血球の直径は約8ミクロンです。全身に張り巡らされた毛細血管の直径は約6ミクロンしかないため、赤血球はみずから形を変えて毛細血管の中に入る柔軟性を持っています。

ところが、変形能が衰えて柔軟さを失った赤血球は、毛細血管の中に入れなくなります。その結果、体のすみずみに存在する細胞に酸素や栄養素が届かなくなり、代謝や分泌といった細胞が果たすさまざまな機能に悪影響を与えてしまうのです。

細胞は主に脂質から作られる細胞膜によって覆われています。細胞膜の重要な構成物に、必須脂肪酸のγ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)があります。γ-リノレン酸は母乳や一部の植物種子などにのみ含まれています。γ-リノレン酸はリノール酸をもとに肝臓から代謝されて作られるものの、通常の食事から十分な量を摂取することが非常に困難です。

加齢のみならず、脂質の代謝異常を起こしやすい慢性腎臓病や糖尿病の方は、細胞膜に含まれるγ-リノレン酸の量が圧倒的に少ないのです。

微生物の力で件られたγ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)が血液の流動性を高める

そんな中、微生物発酵法という特殊な技術で作られるγ-リノレン酸(ガンマの油)です。ムコール菌という微生物の力によって作られるガンマの油は細胞膜の材料になることで血球を柔軟にすることが期待されています。ガンマの油には赤血球の柔軟性を甘同めるカがあることを確かめています。この結果は、権威のあるスイスの腎臓病学術誌「ネフロン」に掲載されています。

現在、国内には慢性腎臓病の方が約1330万人、末期腎不全を経て人工透析を受けている方は、約32万人もいます。慢性腎臓病や透析患者さんは動脈硬化が進行していることが多く、血液の流動性が悪化しやすいといえます。

腎臓病学術誌に載った抜群の血液改善力で腎機能も改善した「ガンマの油 イッチノン」

「ガンマの油 イッチノン」のサプリを実際に飲んだ生の声

全身の細胞を持っている細胞膜にはγ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)が多く含まれていますが、毎日の食事から摂るのは困難です。微生物発酵法で抽出されるガンマの油は細胞膜を柔軟にして血流を改善します。