むし歯の治療を言われました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
「虫歯」や「歯周病」は、『歯や歯肉の感染症』です。虫歯や歯周病があると、炎症のために血糖値が高くなったり、痛みで食事がきちんととりづらくなって、血糖コントロールが不安定になることがあります。血糖コントロールを良好に保つためにも、虫歯や歯周病などは早めに治療しておきましょう。また、歯科を受診する場合には、糖尿病があることを必ず伝えるようにしてください。

また、抜歯をするときの注意点として
血糖コントロールが良好な場合は、ほとんど問題はありませんが、血糖コントロールが悪いと、抜歯にさまざまなリスクが伴います。
例えば、抜歯後の傷がなかなか治らなかったり、一時的に食事がとりづらくなって血糖コントロールに支障を来すこともあります。
また、抜歯したあとは、感染症が起こりやすくなります。そのため、歯科では、糖尿病の患者さんの抜歯は慎重に検討されることもあります。
抜歯などの際に、内科の担当医の許可を求められる場合もあるでしょう。歯の治療を受ける場合は、事前に内科の担当医と相談しておいたほうがよいと思います。