小麦ふすまパンなら低糖質で安心して食べられる

最近は、朝食をパン食にしている家庭は多いと思います。さほど手間もかからずサッと食べられるメリットがパン食にはありますよね。なかでも食パンは定番といえるでしょう。

toast-1077984_640.jpg

とはいえ、一般的なパンは精製した小麦粉を使っているので、塘紫オフ健康法では避けるへき食品です。

パン好きの人は、そこに不満を感じるかもしれません。しかし、喜んでください。今は小麦ふすまを使ったおいしい低額賞パンが出回っています。小麦ふすまとは、精製前の小麦の皮のこと。

糖質制限・ダイエット中の方へ 老舗オーマイパンが作る九州産小麦ふすまの低糖質パン

お米でいえば、米ぬかにあたる部分です。小麦ふすまには食物繊維・鉄分・カルシウム・マグネシウムといった栄養分が豊富に含まれているのですが、精製によってとり除かれてしまいます。その結果、あの襲っ自な小麦粉ができるというわけです。

なぜ栄養分たっぷりのふすまを捨てるのかというと、味が落ちるからです。苦味があったりパサパサした食感になったりと、食品にするには問題があったんですね。

しかし、糖質オフヘの関心の高まりとともに、そうした問題点を改善したふすまパンが増えてきています。食パン状のものもあれば、ロールパンもあります。食べ方はふつうのパンと同じです。

食パンであれば、トーストにしてもいいし、そのままでも大丈夫。ハムやチーズを挟んでサンドイッチにしてもいいでしょう。ただ、ここで注意すべきはジャムやマーマレードなどは塗らないことです。

いくらふすまパンで糖貿を制限したとしても、甘いジャムを塗ってしまってはもとの木阿弥となります。

こうしたふすまパン以外にも、大豆を原料としたパンも出ています。大豆パンではメロンパンやシナモンパンがあり、おやつにもピッタリです。また、ふすまをとり除かずに小麦粉にした全粒粉のパンは以前からありました。こちらは糖質量は多いので、オススメではありませんが、真っ白な小麦でつくつたパンよりはややマシです。