タグ「美肌精油ジェル」が付けられているもの

アトピーの患者さんの肌はバリアの機能が低下

美肌精油ジェルは、林医師が考案したアトピー患者さんのためのスキンケア商品。1997年にボディーソープ、整皮ジェル、保湿クリームの3点セットになった商品として販売。

19年もの間、アトピー性皮膚炎(脂漏性皮膚炎)患者さんに支持を集めているスキンケア商品です。世の中にアトピーや敏感肌用のスキンケア製品は多くりますが、ほとんどは発売から数年で消えてしまいます。

肌の表面には、皮脂膜と呼ばれる薄い油の膜があります。皮脂膜は肌を守るバリア(防壁)のような存在で、アトピーを悪化させるダニや細菌といったアレルゲン( アレルギーを引き起こす物質) の侵入を防いでいます。

アトピーの患者さんは、皮脂の分泌カが低下し、皮脂膜がとても薄くなっています。皮脂膜が薄い肌は、城壁のないお城のようなもの。

外部からダニや細菌が簡単に侵入できるようになり、肌は感染を起こしやすくなります。バリアがないと皮膚内の水分が蒸発しやすくなり、皮膚の細胞間にすきまができます。これらすべてを総称して、「皮膚のバリア機能の崩壊」と呼びます。皮膚のバリア機能が弱まると肌は刺激を受けやすくなり激しいかゆみや炎症を引き起こすのです。

美肌精油ジェルはどんなアトピーにも有効、ステロイドとの併用も可

皮膚のバリア機能を回復させるには、どうしたらいいのでしょうか。重要なのは以下の3点を踏まえたスキンケアになります。

  • 洗浄皮脂膜を落としすぎずにダニや細菌、ダニのエサになるアカを洗い落とす
  • 水分補給と抗菌水分が蒸発して乾燥が加速するアトピーの肌に水分を補給し、抗菌をしてダニやカビから肌を守る
  • 保湿クリームの膜で補給した水分を守り、乾燥を防ぎます。

この3点を実現するのがまさに美肌精油ジェルの3点セットです。ボディソープで皮脂膜を守りながら肌の汚れを落とし、整皮ジェルで肌に水分補給をしながら抗菌をします。最後に塗る保湿クリームは、クリームの膜が皮脂膜の代わりとなって、皮膚のバリア機能を回復させます。

美肌精油ジェルの3点セットを使うことで、肌のかゆみ・炎症・乾燥が抑えられ、アトピーを改善する効果が期待できるのです(単品での使用も可能)。

アトピーには紅斑(赤みのある湿疹) や鱗屑(肌が乾燥し、魚のウロコのようにはがれた状態)など、さまざまな症状がありますが、美肌精油ジェルは、どんなアトピーにも有効です。

現在、ステロイド外用薬をはじめとする薬を使って治療している患者さんが、美肌精油ジェルを使っても問題はありません。その場合は、ボディソープで洗浄して整皮ジェルを塗った後に処方されている薬を塗り、その上から保湿クリームを塗るようにします。

保湿クリームで「ふた」をすることで、整皮ジェルと薬の有効成分が浸透しやすくなります。治療と併用しながら美肌精油ジェルを使うことで皮膚のバリア機能が回復し、ステロイド外用薬による治療を早く終えられた、という人も多数いらっしゃいます。

保湿クリーム

品名:ベストトリム

西焼津こどもクリニックの林隆博医師(小児科・皮膚科)が乳酸菌でアトピー性皮膚炎を予防する方向で開発した商品。

美肌精油ジェルの3点セットの最後に使う保湿クリームは、特に中高年の人におすすめします。 加齢がすすんだ中高年の肌は、どうしても皮脂の分泌カが低下しています。皮脂膜が薄くなっている中高年の肌は、アトピーの肌と同じように、バリア機能が著しく低下しているのです。

そのような中高年の肌には、美肌精油ジェルの保湿クリームが威力を発揮します。クリームの膜が皮脂膜の代わりになって整皮ジェルの有効成分を皮膚の中に閉じ込め、整皮ジェルの水分補給・抗菌効果をより高めることができます。

その結果、肌の新陳代謝が正しく働くようにはって皮膚のバリア機能が回復します。保湿クリームには、アンチエイジング(抗加齢) 効果も期待できます。肌の老化を招く最大の原因は、過剰に浴びてしまう紫外線です。美肌精油ジェルの保湿クリームは、紫外線のUVA ( シミ・シワの原因になる紫外線) を83% 、UVB ( シミやシワのはか、皮膚ガンの原因にもなる紫外線) にいたっては、95% も防ぐことができます。

本製品(ベストトリム 保湿クリーム)はボディソゥプ、整皮ジェルの3点で使用します。

内容量 100g
原材料 水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、BG、酸化チタン、ジグリセリン、デキストリン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、ヘキサヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ペンチレングリコール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ステアロイル乳酸Na、ジメチコン、ヒアルロン酸Na、アシタバエキス、ソウハクヒエキス、オウゴンエキス、カンゾウ葉エキス、アミノカプロン酸、トコフェロール、水酸化Al、シリカ、(ジメチコン/メチコン)コポリマー、カルボマー、水酸化Na、シメン-5-オール、フェノキシエタノール、ラベンダー油

ご使用方法 適量を手にとり、お肌全体になじませてください。外出時などは約2~3時間ごとに塗りなおしてください。また夏場など紫外線が強い場所では通常より厚く塗ってください。
ご利用上の注意 清潔な手指でお取り扱い下さい。 目に入った場合は直ちにきれいな水で洗い流して下さい。 使用中または使用後に赤み・腫れ・かゆみ・刺激などの症状が出たときは、ご使用を中止して下さい。 上記のような症状が強く現れた場合は、皮膚科の専門医を受疹されることをおすすめします。 一度容器から取り出した化粧品は、元に戻さないで下さい。



整皮ジェル

商品名:コンビトリム

西焼津こどもクリニックの林隆博医師(小児科・皮膚科)が乳酸菌でアトピー性皮膚炎を予防する方向で開発した商品。

ボディソープの次に使う整皮ジェルは、肌に水分を補給しながら、同時に抗菌をすることができます。特にアトピーの肌に顕著な効果を発揮します。

整皮ジェルには、アトピーを悪化させる「ダlこに対する防御作用が認められているヒノキチオール( ヒノキ葉由来の精油)を配合しています。ヒノキチオールは天然由来の物質の中で、ダニが嫌う成分です。

整皮ジェルは乾燥した肌に水分を補給するだけでなく、皮膚に炎症を引き起こす最大の敵ともいえるダニから肌を守ってくれるのです。

乾燥肌とかゆみの関係にもふれておきましょう。肌が乾燥すると、表皮からケラチナサイトと呼ばれる物質が分泌されます。

ケラチナサイトはかゆみを感じせんいる神経線維を伸ばし広げる性質があるため、乾燥肌の人は神経線維の先端が表皮の最上部まで伸びてしまいます。当然、表皮に付着したダニや細菌からの刺激を感じやすくしてしまうのです。整皮ジェルは、頭皮にできたアトピーの湿疹に使っても、まったく問題ありません。

本製品(コンビトリム 整皮ジェル)はボディソゥプ、ベストトリム 保湿クリームの3点で使用します。

内容量  100g
原材料 水、グリセリン、エタノール、BG、キシリトール、ヨーグルト液(牛乳)、カミツレ花エキス、グリチルリチン酸2k、ピリドキシンHCl、ティーツリー葉油、ヒノキチオール、ハッカ油、カルボマー、キサンタンガム、PEG-40水添ヒマシ油、シメン-5-オール、水酸化Na、フィチン酸
ご使用方法 洗顔後、お肌全体にうすくなじませてください。特に肌荒れと乾燥が気になる部分には、1日2~3回繰り返してください。
ご利用上の注意 清潔な手指でお取り扱い下さい。
目に入った場合は直ちにきれいな水で洗い流して下さい。 使用中または使用後に赤み・腫れ・かゆみ・刺激などの症状が出たときは、ご使用を中止して下さい。 上記のような症状が強く現れた場合は、皮膚科の専門医を受疹されることをおすすめします。 一度容器から取り出した化粧品は、元に戻さないで下さい。

ボディーソープ

商品名:コンビトリム、ボディソゥプ

西焼津こどもクリニックの林隆博医師(小児科・皮膚科)が乳酸菌でアトピー性皮膚炎を予防する方向で開発した商品

皮脂の表面には、皮脂腺から分泌される皮脂と汗腺からでる汗が混じり合った「皮脂膜」と呼ばれる薄い脂の膜があります。天然スキンクリームといえる皮脂膜は、肌のうるおいの保持には欠かせない必須成分です。

ところが、肌の新陳代謝が正常に機能しなくなると、皮脂腺と汗腺の機能が低下して皮脂膜が作られにくくなります。皮脂膜というバリアを失った肌は内部から水分がどんどん蒸発し、乾燥するようになります。

バリアを失った皮膚は、ダニや細菌など、外部からの刺激を受けやすくなります。アトピーや敏感肌などに代表される炎症やかゆみは、主に外部からの刺激によって引き起こされます。

洗髪にも使えるボディソープは、アトピーの方のほか、脂漏性湿疹(頭皮や顔にフケのような付着物を伴う湿疹) に悩む人にも喜ばれています。

頭皮にできることが多い脂漏性湿疹は、皮膚の新陳代謝が低下することで頭皮に皮脂がたまり、真菌( カビ) のエサになることで起こります。毎日頭皮を清潔に保つためにも、洗髪にボディソープがおすすめです。

脂漏性皮膚炎、アトピー共に治りにくい皮膚の症状ですが、新陳代謝が正常に機能するようになれば嘘のようにキレイになります。

 

本製品(コンビトリム ボディソゥプ)は整皮ジェル、ベストトリム 保湿クリームの3点で使用します。

内容量   425ml
原材料 水、ラウロイルメチルアラニンNa、グリセリン、BG、ココイルグルタミン酸Na、ジステアリン酸グリコール、ラウラミドDEA、ヨーグルト液、アラントイン、カミツレ花エキス、ポリクオタニウム−10、エチドロン酸、シメン−5−オール、フェノキシエタノール、ラベンダー油
ご使用方法 適量を手のひらや泡立てネットなどにとり、ぬるま湯などで充分に泡立ててから全身をやさしく洗い、その後よく洗い流してください。お肌だけでなく髪の毛にもお使いいただけます。
ご利用上の注意 清潔な手指でお取り扱い下さい。 目に入った場合は直ちにきれいな水で洗い流して下さい。 使用中または使用後に赤み・腫れ・かゆみ・刺激などの症状が出たときは、ご使用を中止して下さい。 上記のような症状が強く現れた場合は、皮膚科の専門医を受疹されることをおすすめします。 一度容器から取り出した化粧品は、元に戻さないで下さい。