タグ「ノンレム睡眠」が付けられているもの

睡眠サイクルを意識して眠る

私たちの睡眠にはサイクルがあり、「レム睡眠」という浅い眠りと「ノンレム睡眠」という深い眠りが、ほぼ一定のリズムを刻みながら交互に現れます。夜眠りについてから、このサイクルを何回か繰り返し、朝の目覚めに至ります。「よく眠ったぁ!」という満足感を得るには、このサイクルを意識し、眠りの浅いレム睡眠の時に目覚めるように工夫することです。

眠りのサイクルというのは、1サイクル=90分の目安になります。ただ多少の個人差があるのであくまで目安ではありますが、この数倍の時間眠るとレム睡眠中にスッキリ目覚めることができるというわけです。

睡眠時間を短くする場合にも、例えば30分や40分と中途半端な時間になってしまうと、脳と体が深く眠っている状態のノンレム睡眠の時に起きることになり、気持ちよく目覚めることができません。それより1サイクル分(90分)を思い切って削り、レム睡眠時に起きるようにしたほうが、断然目覚めが良くなります。しかし、深い眠りの時は、集中的に肌や体の各組織の修復がおこなわれている大切な時間ですから、よほどの理由がない限り、2サイクル(180分)以上削ることは良くありません。

睡眠の一番の目的は脳を休ませることです。ノンレム睡眠をじゅうぶんにとれない生活が続けば、脳に疲労が溜まります。脳が疲れてくると思考力だけでなく判断力などの機能が低下し、意欲がなくなったり怒りっぽくなったりもします。

早起きでできた時間は自分磨きに使う

それでは、1サイクル分の睡眠時間を短くすることを続けることで健康面や美容面に問題はないのか?と気になるところですが、それは特に問題になることはありません。ただ、体調やメンタルの状態はその時々で違ってきますから、それに合わせ調整する必要はあります。風邪をひいた時や精神的ダメージを受けた時などには、じゅうぶんな睡眠時間を確保しましょう。

1サイクル分の睡眠時間を短くすることでできた時間は、自分自身の将来への投資に使えばよいのです。例えば、英会話のレッスンを始める、カラーコーディネイトの知識を身につけるなど何でもよいのですが、自分のステップアップのために使いましょう。