タグ「無塩せき」が付けられているもの

ハム 危険 塩せきハム を選ぶことで危険度を下げることができます。ハムやウィンナーはかなりの添加物が入っています。無塩せきハム は新鮮な良質の豚肉がもつ粘りの特性をいかし、亜硝酸塩 (亜硝酸Na 亜硝酸ナトリウム という表示もあり) 硝酸や硝酸Kなどの化学合成添加物を使用しないで製造したハムです。

ハム 危険

open-sandwich-gf2a9c65bc_640.jpg

これは比較的安全といえるでしょう。価格は少し高めですが、最近、一般のスーパーでも見かけます。着色料が使用されていないので、見映えは多少落ちますが、味は一般のハムと変わりません。

遺伝子組み換えの可能性があるたん自加水分解物が使用されているのに多少不安が残ります。発育盛りの子供には、このハムをおすすめしたいですね。この他にJA S ( 日本農林規格) の品質基準を満たしているハムがあります。しかし、添加物が目一杯使用されているものも少なくありません。

無塩せき ハム さらに安全性を高める

50度ぐらいのお湯の中でハムを10秒ほどつけて湯ぶりをすると水に溶けやすい 発色剤 リン酸塩などの添加物を減少させることができます。また、サラダなどの食材とするなら1 分ぐらい湯に通してから使うと安全です。

キャベツと一緒に食べると、それに含くまれるβ-カロテン、ビタミンC ・ビタミンE 、カルシウム、食物繊維などが添加物の書を多少防いでくれます。

特にキャベツのカルシウムは体内に吸収されやすいので、リン酸塩の悪影響をやわらげます。おすすめのレシピ(調理) はハムとキャベツの妙め物です。掛こハムが大好きな子供にはカルシウムを補うために、牛乳や海藻類などを食べさせるように心がけましょう。

安心、安全のグリーンマーク 信州ハム「グリーンマーク ローススライス 60g」 なら安心素材しか使っていない無添加 ハム です。