タグ「5-α-リダンダーゼ」が付けられているもの

男性の前立腺肥大症は、前立腺の病気のなかでもっとも多くみられる病気です。 この良性前立腺腫大は内腺(尿道を取り囲む部分:移行領域)で発生するため、尿道が圧迫され狭くなる(尿道閉塞)ことで、尿がでにくい、トイレの回数が多くなる、尿をしたあとすっきりしない、などの自覚症状(下部尿路症状)があらわれます。

おしっっこのキレが悪く回数が多い中高年男性が軒並み改善している

今回、紹介するのは、尿もれ・頻尿改善サプリの「水の勢」です。契約農家で栽培された有機無農薬のバナナの果皮や実から抽出したエキスに柿タンニンとミネラルの亜鉛、アミノ酸のアルギニンをバランス良く配合したサプリメントです。

1日分3粒で、亜鉛を10mg摂ることができる栄養機能食品です。

バナナというと農薬や輸入品を心配される方が多数いらっしゃいますが、「水の勢」は、有機JAS認定のバナナの果皮を使用していますので、化学農薬やポストハーベスト(収穫後に使用する農薬)などの心配をする必要がなく、バナナの皮に含まれている貴重な成分をカプセルで簡単に摂ることができます。

バナナの皮の驚くべき効果

  • 尿がなかなか出ない
  • 尿に勢いがなくなり足元にこぼれる
  • 排尿のあとにキレが悪い
  • トイレに行ってもスッキリしない
  • トイレに行く回数が急に増えた
  • トイレのことばかり考えている

そうした症状で悩んでいる中高年男性は多数いらっしゃいます。

前立腺とは、膀胱の下にあり尿道を取り囲むようについているクルミ大(20g程度)で精液を作る働きをします。この前立腺が加齢により次第におおきくなり、尿トラブルを招きます。

残尿感もひどくなります。そして、最終的には尿道が完至にふさがれ、尿が出なくなることもあります。

前立腺肥大の治療には、薬によるものと、手術で前立腺を切除するものがあります。以前は、手術による治療が大半でしたが、最近は効果的な薬が問発されたこともあり、薬による治療が主流です。

ところが、前立腺肥大の治療薬の中には、ED(勃起不全)や心臓疾患などの副作用が現れるものもあります、そのため前立腺肥大の方の中には、薬の使用をためらう人も多いのです。

そうした中、前立腺肥大の人に特におすすめしたい食品が見つかりました。それは、私たちがふだん食べているバナナです。具体的には、バナナの果実(可食部)ではなく、皮の部分に含まれる成分に、前立腺肥大を抑える働きがあるとわかったのです。

では、バナナの皮は、前立腺肥大にどのように働くのでしょうか。

前立腺肥大の原図はテストステロンという男性ホルモンの過剰分泌が原因であることがわかってきました。

詳細は前立腺の細胞内にある5-α-リダンダーゼという酵素が過剰になったテストステロンをジヒドロテスストステロン(DHT)という活性の高い男性ホルモンに変えます。このDHTが前立腺の細胞を刺激し、肥大させるのです。

バナナの皮は、このテストステロンをDHTに変える5-α-リダンダーゼの働きを抑え、前立腺が肥大するのを防ぐ作用があると考えられているのです。

肥大した前立腺が小さく軽くなった

では、前立腺肥大に対するバナナの皮の働きです。バナナの皮のどのような成分に前立腺肥大を抑える働きがあるのかを調べたところ、シクロユーカレノンという成分が働いていることがわかりました。シクロユーカレノンは炎症を抑える働きのあることで知られていますが、前立腺肥大を抑える作用があることがわかったのはごく最近です。

また、シクロユーカレノンは、未熟な青いバナナや、熟して黒い斑点(シュガースポットという)が出ているバナナにはほとんど含まれないこともわかっています。そのため、前立腺肥大を抑えるためには、バナナの皮の黄色い部分だけをとることが必要になります。

ただし、市販のバナナの皮には、農薬が残っている可能性があるため、そのまま食べたり、粉末やジュースにして口にしたりすることはさけたほうがいいでしょう。最近では、バナナの皮から抽出したエキスを使った栄養補助食品が市販されているので、そうしたものを利用することがおすすめです。

「水の勢」は、有機JAS認定のバナナの果皮を使用していますので、化学農薬やポストハーベスト(収穫後に使用する農薬)などの心配をする必要がなく、バナナの皮に含まれている貴重な成分をカプセルで簡単に摂ることができます。