タグ「アサイベリー 口コミ」が付けられているもの

アサイベリー 緑内障 の眼圧が下がり視力も戻った

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

アサイベリー 緑内障の眼圧が下がり視力も戻りました。緑内障の診断を受けたときには、失明するのではという不安でいてもたってもいられませんでしたが、眼圧が下がり一安心です。アサイベリーに感謝しかありません。

アサイベリー 緑内障 の心配も消えた

5176099_s.jpg

緑内障とは、目の中の圧力(眼圧)が高くなり、視神経が障害されることで視野が狭くなる病気です。視野が狭くなると、日常生活に支障をきたす可能性があります。

緑内障の原因は、眼圧の上昇です。眼圧は、目の中の水晶体や毛様体から出る水が、隅角(すみかく)と呼ばれる部分から排出されることによって調整されています。隅角が狭くなると、水の排出がうまくいかなくなり、眼圧が上昇します。

私は、鉄道会社で働いており、若いころから毎日、細かい字の時刻表とにらめっこする生活を送っていました。今のようにパソコンで時刻表を作る時代ではなく、びっしり時刻がところせましに書かれている用紙の中で考えるという非常に古典的な仕事でした。小さい文字とのにらめっこですから、疲れ目、ドライアイ、かすみなどは当たり前でした。

また、無類の本好きで、家では読書に明け暮れていました。長編の小説から百科事典まで、何度も読み返したものです。一度、読み終えた本をまた、2~3回と読むと、あらたな発見があったりして、その発見が私の好奇心を刺激してくれました。

そうした長年の目の酷使が影響したのでしょうか。ここにきて、視力の衰えを感じるようになり、日常生活にも支障が出るようになりました。

趣味のゲートボールでは、目標にする球の数字が見えにくくて困りました。そもそも、これが見えないとゲームになりません。実際、視力が落ちて続けられななった仲問もいるので、「もしかしたら私も?」と、不安になりました。

事の運転では、メガネをかけていても視界がかすむようになりました。「これではどうにも危険」と感じるほどです。

そんなとき、ミラクルフルーツと呼ばれる アサイベリーのサプリ アサイーベリープラチナアイ を飲んでみることにしました。飲み始めて1ヶ月を過ぎた頃ぐらいだったと思います。

早速、うれしい変化がありました。ゲートボールの球の数字が、クッキリと見えてきたのです。これなら、まだまだゲートボールを楽しめます。気がかりが 1 つ減ってホっとしました。


続けて飲んでいると、日常生活ではメガネがほぼ不要になりました。裸眼でいるほうがむしろ快適で、メガネをかけると視界がぼやけるほどです。メガネは遠近両用のものを装用していたので、ある角度では、少しかすんだりして疲れ目の原因になっていました。

目がかすんで危険を感じていた串の運転も、目がよく見えるようになったのでまったく問題なしです。

次の免許更新では、メガネの条件が外せるかもしれないと期待しています。さらに、以前から患っていた緑内障も、進行が止まったようで、家族ともども大喜び。病院から点眼薬をたくさん処方されがんてもなかなか改善しなかった眼圧が、今では正常値まで下がりました。
緑内障の数値が下がるまでには、3ヶ月以上かかりましたが、今はとても安心しています。
眼科で同じ緑内障で知り合った方は、まだ眼圧が高くて困っているというので、アサイベリーをすすめてみようと思っています。
これがアサイベリーのパワーなのかと、感心せずにはいられません。75歳の今でもゲートボールやドライブを続けられるのは本当にありがたいことです。数々の目の不調から解放してくれたアサイベリーは、これからも私のよりどころです。

アサイベリープラチナアイ 緑内障 への効果について

asai 1.jpg

 アサイベリープラチナアイは、アサイベリー、ビルベリー、カシス、ブドウ、マリーゴールドなど、目の健康に役立つ成分を配合したサプリメントです。

 アサイベリーには、抗酸化作用や血流改善作用のあるポリフェノールが豊富に含まれています。これらの作用は、緑内障の原因となる酸化ストレスや血行不良を改善する可能性があるため、緑内障の予防や進行抑制に効果があると期待されています。 

ビルベリーやカシスにも、アサイベリーと同様のポリフェノールが含まれています。また、ビルベリーには、夜間の視力低下を改善する働きがあることが知られています。

ブドウには、レスベラトロールなどのポリフェノールが含まれています。

レスベラトロールは、抗酸化作用や血管拡張作用などの働きがあり、緑内障の予防や進行抑制に役立つ可能性があります。 マリーゴールドには、ルテインやゼアキサンチンなどのカロテノイドが含まれています。これらのカロテノイドは、目の網膜を紫外線やブルーライトなどの光から守る働きがあります。 

このように、アサイベリープラチナアイには、緑内障の予防や進行抑制に効果が期待できる成分が含まれています。

具体的な研究では、緑内障患者にアントシアニン(アサイベリーに含まれるポリフェノールの一種)を一定期間摂取してもらったところ、目の血流改善傾向がみられ、同時に緑内障による視野狭窄の進行が緩やかになったことが報告されています。

また、アサイベリーに含まれるポリフェノールは、網膜の細胞死を抑制する働きがあるという研究結果もあります。 これらの研究結果から、アサイベリープラチナアイに含まれる成分が、緑内障の予防や進行抑制に効果を発揮する可能性があると考えられます。

アサイベリープラチナアイ

アサイベリー 口コミ

アサイベリー 緑内障 が1ヶ月で視力が急回復、緑内障の不安から解放されました。

アサイベリー 緑内障 が改善し手元がぼやけずはっきりと見え、針穴に糸が楽々通る

視力の低下を自覚したのは3年ほど前で、右目は1.2で標準なのに、左目がいつしか0.4まで落ち込んでいたのです。直後の検診では、「緑内障の疑いあり」と判定されて、視界まで狭くなっているのかと心配になりました。

この二重三重の目の悩みから救われたい一心で、アサイベリーを朝晩に飲み始めたのです。そうして1ヶ月程度が過ぎたころ、目の前の景色がクッキリと一変してきたことに気づきました。

メガネ屋さんで視力測定をしたら、左目が0.8に向上しており、やった!とガッツポーズ。店主のおじさんにも、「目がキラキラしているよ」といわれて、思わずニッコリとしました。

うれしいことに、今年の検診では緑内障を指摘されることもなく、アサイベリーは本当に目にいいことづくめ。以前に作った老眼鏡も、アサイベリーを摂取しているせいか、今ではほとんど使う機会はありません。

裸眼でも視界が鮮明で、趣味の手芸で針穴に糸を通したり、ブレスレットに糸を通すのもすんなりです。細かい手作業で目がショボつくこともなく、「目が疲れるって何ですか?」と思うくらい快調そのもの。散歩に出かければ、木々の葉が目に青々と映って、このすばらしい景色を楽しめるのもアサイベリーのおかげ!と感謝するばかりです。

網膜や視神経の老化を促す活性酸素を消去して、視力回復を促すのが、アサイベリーに豊富なアントシアニンの効用です。目の血涜促進にも役立つことから、疲れ目の防止にも有用です。

アサイベリープラチナアイ

アサイベリー 口コミ