タグ「サルボウ貝」が付けられているもの

寿司ネタにもよく登場する赤貝は「サルボウ貝」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

独特の舌触り風味、高級寿司ネタとしても知られている赤貝。ところが缶詰は意外と安い。鮮度の落ちたものを缶詰など加工品に利用していると思いがちだが、実は、代用品のサルポウ貝を原料にしている。

赤貝は北海道南部から九州まで、日本各地の沿岸域に分布している。ところが、生息域の砂地が埋め立てられるなどして、漁獲量は年々減少し、今は年間1万トン程度。日本の台所といわれる東京・築地市場で見かける赤貝の大半が韓国、中国、北朝鮮からの輸入もの。

かつては東京湾でとれたものが珍重され、これを「本玉」と呼び、それ以外の産地のものを「ぱち玉」と区別していた。輸入ものが大半を占めている現在は、日本沿岸の赤貝を「本玉」、輸入ものを「ぱち玉」と呼んでいる。寿司屋で「本玉」を注文すれば、まず1貫500円以上は覚悟しないといけない。

一方のサルポウ貝。日本では有明海での漁獲量が多く、宍道湖や中海、瀬戸内海などにも分布している。地方によってはモガイ、ミイロガイなどと呼ぷ所もある。サルポウ貝は、赤貝と同じようにヘモグロビンを含む赤い血をもった2枚貝である。

漢字で書くと「猿頬」となる。身が猿の顔の赤、穀が頬の茶褐色に似ていることからつけられた。鮮度の良いものは生食も万能だが、多くは加工品として利用されている。「煮付けや漬物にしますが、圧倒的に多いのが赤貝缶詰で、缶詰の100% がサルボウだと思って間違いありません。

回転寿司の赤貝もこれを使っているはず。主要産地は有明海で、年間4000~9000 トンで推移している。