タグ「耳鳴り」が付けられているもの

酢玉ねぎ 口コミ 耳鳴り が消失して高血圧、高血糖が改善

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

酢玉ねぎ 口コミ 耳鳴り が消失して高血圧、高血糖が改善しましたので紹介します。酢玉ねぎの健康効果は、抗酸化作用、血液サラサラ効果、腸内環境の正常化などがありますが、これほどの健康効果がある 酢玉ねぎ で私は耳鳴りが改善し、そして血圧、血糖値が正常化できました。

酢玉ねぎ 口コミ 耳鳴り が消失

cooking-g8830588f7_640.jpg

耳鳴りが原因で不眠に

私は、数年ほど前から、昼問の読書時や夜の就寝前に、左耳にジーっという耳鳴りが頻繁に問こえるようになっていました。その音が気になって、読書が楽しめなくなり、夜もなかなか寝つけなくなってしまいました。〃

そうこうしているうちに、テレビを見ているときに「ボリュームが大きすぎる」と妻から頻繁に注意されることが重なり、耳が遠くなったのではないかと思っていました。

そこで耳鼻科に行ったのですが、加齢性難聴と診断されただけで耳鳴りの原因はわからず、「様子を見ましょう」。で診察は終わりました。実は、3年前まで自営業だった私は仕事が忙しく、ほとんど健康診断を受けたことがありませんでした。今は引退して時間ができたので、耳の不調のこともあり、全身のチェックをしようと健康診断に行ってみました。

すると、最大血圧(正常は130 未満) が150ヘモグロビンA1C が7.5% とわかったのです。医師からは、降圧薬を処方され、食生活の改善と運動をすすめられました。また、耳の不調は、高血圧と高血糖のせいかもしれないと指摘を受けました。

耳鳴り 難聴 共に4ヶ月で改善

そこで、問食とお酒を極力控えるとともに、食事では野菜を多めにし、ご飯の量を8割以下に減らしました。それとともに、1過問に3回ほど、夕方に30分のウォーキングをしました。そんなある日、健康雑誌で 『 酢玉ねぎ 』 が高血圧や高血糖の改善に効果があることを知りました。

早速、妻に 酢玉ねぎ を作ってもらって毎朝食べました。昨年6月のことでした。すると、1ヶ月で体重が 3 kg 減り、おなかまわりがすっきりしてきました。そして2ヶ月後に病院で検査を受けたら、最大血圧が 135 に下がり、ヘモグロビンA1C も 6.7% に下がっていたのです。

医師の指導と酢玉ねぎのおかげだと思います。

さらに1ヶ月後、耳鳴りがほとんどしていないことに気づきました。おかげで読書に集中でき、よく眠れるようになりました。また、知らないうちに耳がハッキリと聞こえていて、テレビの音量ももとの音量で十分になりました。

つい最近受けた病院の検査では、最大血圧が 125 になり、ヘモグロビンA1C、6.3% まで下がっています。高血圧と高血糖が改善したので、耳鳴りも難聴ももう、再発しないとひと安心です。

体が軽く感じられ、毎日、快適に過ごしています。

酢玉ねぎ

耳鳴り

酢玉ねぎ 効果

玉ねぎには、ビタミンC、クエン酸、フラボノイドなどの抗酸化物質が豊富に含まれています。これらの抗酸化物質は、体内の活性酸素を除去し、細胞の損傷を防ぐ働きがあります。

また、酢玉ねぎ には、血液をサラサラにする効果もあります。玉ねぎに含まれるイソアリインという成分は、酢に漬け込むことでアリシンに変化します。アリシンは、血液中の脂肪を分解し、血流を改善する働きがあります。さらに、酢玉ねぎには、腸内環境を整える効果もあります。玉ねぎに含まれる食物繊維は、腸内細菌のエサとなり、腸内細菌のバランスを整えます。これにより、便秘や下痢などの腸のトラブルを予防することができます。

酢玉ねぎ は、生で食べるよりも酢に漬け込むことで、より多くの栄養素を摂取することができます。また、酢玉ねぎは、サラダやドレッシング、おつまみなど、様々な料理に使うことができます。ぜひ、酢玉ねぎを食生活に取り入れて、健康を維持しましょう。

耳鳴り たばこ はNGなのですぐにやめる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

耳鳴り たばこ もNGとなるのですっぱりやめる方がいいでしょう。コーヒーや紅茶などと一緒にたばこを吸う習慣が長年ついてしまっている人は、やめるまでに時間がかかりますが、本気でやめる気持ちがあればやめられます。本気でやめる気持ちがあれば、禁煙補助剤の力を借りて禁煙するのが一番短期間でやめることができるでしょう。

耳鳴り たばこ はNG

man-g58e2fada0_640.jpg

たばこに含まれるニコチンには、毛細血管を収縮させる作用があります。毛細血管とは、全身の末端まで酸素と栄養を届ける細い血管です。たばこを吸うたびに、末端の血管はきゅっと収縮します。

すると血液不足になり、酸素と栄養が行き渡りにくくなり、末端の細胞は酸欠と栄養不足になります。内耳の血管はクモの巣のように細く、血管条と呼ばれています。細い血管ほど、たばこの害は大きくなります。

しかも、たばこの煙には、一酸化炭素が含まれています。一酸化炭素には、赤血球と酸素の結合を妨げてしまう働きがあるのです。

つまり、たばこを吸うことは、内耳まで届く血液量をへらし、酸素供給を著しくへらしてしまう行為です。内耳にとって、これほど過酷な負荷はありません。たばこは、非常に依存性の高い噂好品です。

喫煙者は、「健康のためにはよくない」と心のどこかでわかっていても、なかなかやめられないものです。「禁煙なんて考えられないー」という方は非常に多いです。しかし、耳鳴りを本気で治したいのならば、喫煙者は、今日からばこをやめましょう。これは、耳鳴り改善への絶対の条件です。

たばこを吸っていたら、ほかにどんなによいことをしていても、すべて台無しです。「本数をへらせばいい」と考える人も多いのですが、これは違います。耳鳴りを改善するためには、節煙など無意味です。たばこを吸う喫煙者はすでにこれまでの喫煙によって、内耳に相当のダメージを与えています。そのうえ、もう1本吸えば、内耳にさらなる悪影響をもたらすことになります。

過去に喫煙していた経験のある人も、気をつけなければいけません。すでに耳鳴りが現れているならば、過去の喫煙が、発症の一因になつているとも考えられます。渦去に与えてしまった内耳のダメージは、長い時間を経て、表面に出てくることが多々あります。

1人で禁煙をがんばるのが難しいという人は、禁煙外来を訪ねてみるとよいでしょう。最近は、禁煙治療も進んでいますし、よい薬もあります。耳鳴りを治すために、そうしたものを積極的に活用すればよいのです。禁煙が苦しいのは、最初の2 週間です。2 週間が過ぎれば、ニコチンへの依存心が薄らぎ、たばこのない生活にだんだんと慣れていきます。「たばこをやめれば、耳鳴りが楽になる」と強い覚悟を持つことです。そうすれば、禁煙の意志がゆらぐことはないでしょう。

たばこは、ストレスを感じるときほど吸いたくなります。そんなときには、ゆっくりと水を飲む、ガムをかむ、歯を磨く、外に出て深呼吸をする、散歩に出かける、軽いストレッチをするなど、リラックスに努めてください。

一方、コーヒーを飲む、喫茶店やカフェに入る、喫煙者とお酒を飲むなど、タバコを吸いたくなる状況を避けることも重要です。

耳鳴り

聞こえの悪さとひどい めまい が「蜂の子」で無事に解決

耳鳴り カフェイン はNG 本気で治したいので、紅茶、コーヒー 緑茶などはやめることにしました。私は、耳鳴りに四六時中悩まされていて困っています。特に冬になると血流が悪くなるせいか、就寝してから数時間でひどい 耳鳴り で困っています。病院で出された「メチコバール」「カルナクリン」は全く効果がありませんでした。現在、サプリや漢方薬を試しています。少しずつですがよくなってきましたが、まだ、完治には至っていません。

23521173_s.jpg

耳鳴り カフェイン NG

ちょっと一息つきたいとき、気分を変えたい時などに緑茶、紅茶、コーヒー飲む習慣がある人は多いかもしれません。私もそうです。仕事で行き詰まると、たいてい、ストレスを軽減するためにコーヒーを飲みます。フリーランスの仕事は、トラブルが続くとかなり疲弊します。何か息抜きできる時間や口にするものが欠かせません。たばこは10年以上前にやめることができたのですが、その禁煙を機にコーヒーの量が増えてしまったことは間違いありません。

耳鳴り改善のために通っている東洋医学の整体の先生がおっしゃっていたのですが、耳鳴りを治したいと本気で考えている人は、カフェインを含む飲み物はよくないとのことです。その先生は、今日からやめましょう!と強い口調でおっしゃいました。

カフェインには、神経を興奮させる作用があります。耳鳴りは、内耳の有毛細胞が興奮して異常音を発している状態です。そんな状態でカフェインを摂取すれば、内耳をますます興奮させてしまいます。

一般に、緑茶は体によいといわれます。例えば、緑茶に含まれるカテキンは、抗酸化作用が強く、ガン予防にもよいとされます。また、紅茶には体を温める作用があります。最近では1日に3杯程度のコーヒーを飲むとダイエット効果があることもわかってきました。

私は、 テレビ朝日のドラマ 「 相棒 」 が好きでずっと見ているのですが、右京さんが紅茶にこだわる理由は、理になかっていたということです。こうした健康効果を期待して、毎日飲んでいる人もいるでしょう。

しかし、耳鳴りの人は、健康効果よりも、弊害のほうが上回ってしまうのです。ちまたにあふれる健康本などでは、やめたほうがよいものも「控えましょう」と遠慮がちに書かれます。 しかし、耳鳴りに関しては、「キッパリとやめましょう」です。

科学的な根拠からいえば、1日1杯と1日ゼロ杯とでは、有意差(統計的に偶然ではない差) はないかもしれません。 しかし、耳鳴りを悪化させる1つの原因であるとわかっている以上、本気で治したいと思うならば、原因となる嗜好品は、いっさいやめることです。 この覚悟を持てるかどうかで、耳鳴りの改善は左右されます。

「緑茶、紅茶、コーヒーがいけないんですね。わかりました。今日からやめます」ときっばりと覚悟を決められる人は、耳鳴りをコントロールできます。反対に、「1日1杯くらいならば大丈夫でしょう」「そんなことまで指図されたくない」という人もいます。このように、自分に甘い人の耳鳴りは、なかなかよくなりません。

私は、耳鳴り歴5年ですが、昨年ようやくコーヒーをやめました。

耳鳴り

蜂の子を摂っただけで2日で 耳鳴り が改善 起床時のだるさも解消