タグ「ダイエット」が付けられているもの

ダイエットに必須の還元型 「 コエンザイム Q10 」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ダイエットに必須の還元型 「 コエンザイム Q10 」 に関する情報です。ダイエットを本格的に行うとしてまずはどんなサプリを選ぶでしょうか?

dumbbells-g7302e1bfa_640.jpg

美しく健康的にやせようと思ったらまずは

  • αリポ酸
  • コエンザイムQ10

を選ぶはずです。または、最初から両方を使う人もいるでしょう。

教科書どおりに使用するならまずは、コエンザイムQ10、あまり効果が感じられなかったら αリポ酸 も。といった感じでしょうか?

現在一般的に市販されている コエンザイムQ10 の多くは、空気中で安定した状態を保つために酸化型のものとなっています。しかし体内で活性を発揮する Q10 は還元型。

コエンザイムQ10 には、酸化型と還元型があり、体内で活性を示すのは還元型であることがわかってきました。
一般的なサプリメントなどの形で摂取された酸化型の Q10 も、吸収される際に還元され、体内では還元された状態で存在している。それらが肝臓に蓄えられたあと、血中に放出され、そこで酸化ストレスにさらされて酸化型になり、再び肝臓で還元されるという動的平衡が、人間の体内では保たれているのです。

活性酸素によって作られたラジカルを消したり、抗酸化物質であるビタミンE を再生したりする Q10 のユニークな抗酸化活性や、生体内のエネルギー源として重要な役割を果たすATP の生合ふかつ成を賦活化する Q10 の働きについて、その重要性を力説した。

ATPの合成を盛んにするQ10が働き、体内に ATP が豊富にある状態になると、全身の機能が活性化されます。

  • 心機能改善
  • 血圧コントロール改善
  • 血糖コントロール改善
  • 疲労改善
  • 精神ストレスの改善
  • 咀嚼機能改善

、など、Q10 の摂取によって期待される作用は、もともと生体が持っているそうした機能が、ATPによってきちんと機能するようにしてやることで起こるのではないかと考えています。

加齢、あるいは糖尿病、高血圧などの病気によってQ 10の還元能力は低下します。そして体内のQ 10の酸化型の割合が高まると、疲れが取れにくくなり、体の不調が現れてきます。
コエンザイムQ10 ( CoQ10 ) はこんな人に向いている

飲むだけでやせる脂肪を分解するお茶

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

飲むだけでやせる脂肪を分解するお茶 についての情報です。ウ一口ン茶が日本で売れたっかけとなったのは、ウーロン茶の成分サポニンが脂肪を分解するということが科学的に分かったからです。もっとも、人の体脂肪を分解させやせる効果を出すには、何万リットルのウー口ン茶を飲まなければならないということも科学的に分かっています。

oolong-tea-ga38b5e133_640.jpg

そんなことは不可能で、要するに、やせる効果はないというのと、実質的には同じことです。しかし、「何万リットル飲めばやせます」なんてことは口が避けても販売メーカーはいわず、きれいなスタイル抜群のモデルを CM に出して「脂肪分解」ばかりを強調しています。

これは「滅肥茶」の名称で出回る中国茶も同じことで、ウー口ン茶同様、サポニンが脂肪を分解させます。

「滅肥茶」が最初に日本に上陸したのは 1996 年。「飲むだけでやせられる」の CM にのって大ブームとなった。確かにやせる人が続出したのです。

ところで減肥茶には食欲抑制剤の フェンフルラミン が混入されていることが確認されたのです。

フェンフルラミン の食欲抑制効果は非常に高く 1996 年に米国でダイエット薬トップの売上を上げました。ところが、副作用も大きく、服用した人の約 30 % に心腹弁の異常が起きていることが確認され使用禁止になりました。

そんな薬が「滅肥茶」に意図的に混入されていたのです。やせるのは当然っです。こうして「減肥茶」ブームは去っていきました。ところが 6 年後の 02 年にまた、中国製の「やせるお茶」ブームが起きました。

「減肥茶」はないのですが、中国製の様々な名称の「やせるお茶」は飛ぶように売れました。

しかし、「やせるお茶」の服用者に肝障害が相次ぎました。全国で被害者は 800 人以上に及び、4人の死者が出ました。「減肥茶」同様、フ工ンフルラミンが混入されていたのです。

ウーロン茶 重合ポリフェノール 使用感

食欲抑制剤って本当にあるのですか?