美肌精油ジェルで更年期特有の乾燥肌とかゆみが改善し、潤い肌になる

出産後、乾燥肌によるかゆみに悩まされストレスでしんどい

美肌精油ジェルを試したら、あれほどの全身をかきむしるぐらいにひどかったかゆみが改善し、身も心も、ほんとうにらくになりました。かゆみというのは、ストレスそのものです。

子どものころから肌が丈夫だったので、特別なケアをしなくても、長年トラブルなしで過ごせました。「若いころは体を動かすことが大好きで、夏は海水浴、冬は雪山でのスキー、春と秋はテニスに熱中していました。

いま振り返ると、1年じゅう外で紫外線を浴びているような生活でしたが、日焼けをして皮がむける以外に肌の不調は起こりませんでした。

20代半ばで結婚してからスポーツをする機会はぐっと減りましたが、外出するのは大好きなので、友達と食事や買い物にしょっちゆう出かけていました。ところが、32歳のときに出産をしてから、体に異変が起こりはじめました。

長男を出産してからは育児が忙しくなり、ほとんど外出できなくなってしまったんです。1日じゆう家にいることでストレスも感じていましたが、しだいに肌の乾燥が気になりはじめました。湿疹は出なかったのですが、とにかく皮膚がかゆいんです。特に顔の乾燥がひどく、毎日肌をかきむしっているうちに、顔全体が赤くむくんでしまいました」皮膚科を受診したところ、林田さんの症状はアレルギーによるものと診断されたとのこと。「皮膚科から処方された保湿剤を使っても、かゆみはまったく治まりませんでした。顔がかゆいので化粧をすることができず、人と会う約束をするたびに気が重くなりました。顔の赤みがひどいときには、人と会うことをさけるようになりました。

昔の自分とあまりにも違う姿を鏡で見るたびに悲しくなって、毎日ため息をついていました。アレルギーの肌向けに市販されているスキンケア製品を、いくつも試しました。「雑誌やインターネットで情報を探して、評判のいい製品はすぐに試していました。スキンケア製品はもちろん、アレルギー体質を改善させるといわれている水を取り寄せたり、美肌効果があるという温泉を訪れて、毎日入ったりしました。

それでも肌の乾燥とかゆみは、なかなか改善しませんでした。その後、50代を迎えた私の肌は、乾燥がさらに進行。毎日、顔に粉がふいたような状態になってしまいました。ちょうどほてりや倦怠感といった更年期の症状に悩んでいた時期だったので、ホルモンバランスの乱れが肌の乾燥を加速させたのかもしれません。

婦人科で漢方薬を処方してもらうと、更年期の症状はだいぶ和らいだのですが、肌の乾燥とかゆみに変化は見られませんでした。

使用当日からかゆみが治まった

そんなときに美肌精油ジェルの存在を知り、美肌精油ジェルはアトピーだけでなく、大人の乾燥肌や敏感肌の改善も期待できると知って、とても興味を持ちました。それまでいろいろなスキンケア製品を使ってきましたが、アレルギーの専門医が開発したものは初めてだったので、すぐに取り寄せてみました。

朝の洗顔時と毎晩の入浴時にボディソープで顔を洗い、その後は整皮ジェルを顔全体にていねいに塗り、最後に保湿クリームを薄く塗って仕上げました。

届いた日の夜から使いはじめたのですが、驚いたことに就寝時には肌がしっとりとしているのを実感しました。その夜は、何年かぶりにかゆみを気にせずに眠ることができました。

美肌精油ジェルを使いはじめて1ヶ月。長年、私を悩ませていた顔の乾燥は落ち着きを口見せて、かゆみも軽くなりました。

いまも美肌精油ジェルを愛用していますが、使いつづけるうちに、少しずつ肌がしっとりしていきました。