食べる米ヌカの粉末食品、健康フーズ株式会社の「ぬか玄粉末」

高齢者(80~90代)の便秘の悩みは食べる玄米米ぬかが効く

玄米食が便秘に効くということで、病院や老健施設の入居者の方の食事に玄米菜食(玄米や雑穀を主食とし、野菜や豆、海藻、漬物などを主菜に、肉や魚、卵、乳製品を極力控える食事法) を提供するところも増えてきました。

玄米は、たんばく質や脂質、ビタミン、ミネラル(無機栄養素)、食物繊維が豊富で、栄養バランスに優れたスーパーフードです。さらに、自律神経を整えるγ-オリザノール、抗酸化作用のあるフエルラ酸・フィチン酸・アラビノキシラン、動脈硬化を予防するイノシトール、精神安定作用のあるGABA ( γ-アミノ酪酸など、多くの有効成分も含まれています。

特に食物繊維は、白米の6倍にもなり、腸内環境を整える最強の腸括食なのです。高齢になると、食が細くなったり筋力が低下したりして腸が衰えて便秘が深刻になりますが、玄米菜食を始めると、そうした問題は自然と解消していきます。

便通がよくじなるため、痔の症状が和らぐ人も少なくありません。腸は健康の要です。便秘が解消して腸内環境がよくなれば、免疫力も強まり、高血圧や糖尿病などの生活習慣病のほか、アトピーやぜんそくなどのアレルギー疾患も改善します。そればかりか、認知症の要介護度が大幅に改善する人が続出しています。

米ヌカは玄米の栄養そのそのもの

さて、玄米を食生活に取り入れようとすると、「調理に時間がかかる」「消化が悪い」「硬くておいしくない」という人がいます。そこでおすすめしたいのが「米ヌカ」です。

米ヌカは、玄米を白米に精製するさいに出る茶色い粉末のことです。つまり、玄米の胚芽とヌカ層の部分が粉状になつたもので、玄米の栄養そのものなのです。

米ヌカは粉状なので、そのまま料理にかけたり混ぜたりできて手軽なうえに消化がよく、胃腸にやさしいといったメリットがあります。

米ヌカは、米穀店で売られている米ヌカや、自宅の精米機で出る米ヌカを、新鮮なうちにすぐにフライパンで5〜6分鮮掛りすれば、食用として利用できます。それを密閉容器に入れておけば、冷蔵庫で1〜2週間、冷凍庫で2~3ヶ月保存可能です。

それが面倒ならば、食用に加工された「食べる米ヌカ」が販売されているので利用してもいいでしょう。米ヌカは、1日当たり大さじ2杯(約10g)を目安にとれば、玄米をお茶碗1〜2杯食べているのに相当する栄養が補えます。

ぬか玄粉末

北海道産「ななつぼし」の米ぬかに酵素生産菌を活用して発酵させた、食べる米ぬかの粉末食品。 ヨーグルトやみそ汁に入れてお召し上がりください。2.5gずつの分包になっているのでいつでも手軽に玄米の栄誉をとることができます。

なんとかして、現代人にもっと手軽に玄米食を取り入れて欲しい。その想いから生まれたのが『ぬか玄』です。
玄米の表皮(米ぬか)と玄米胚芽を麹菌で発酵させ、玄米が含む豊富なビタミンB群やミネラル、食物繊維を手軽に取り入れることができます。
日本ならではの健康自然食・玄米の栄養を手軽に取り入れられる『ぬか玄』。
ぜひ毎日の健康づくりにお役立てください。

「ぬか玄 粉末」は、米ぬか(玄米表皮)と玄米胚芽に微生物(麹菌)を活用し発酵させてつくりあげた粉末タイプの「ぬか玄」です。

玄米から胚芽や表皮を取り除いて精白したものが白米で、ビタミン・ミネラルは胚芽や表皮に全体の約95%が含まれており、白米に含まれるのはわずか5%に過ぎません。

「ぬか玄 粉末」には、玄米が含むビタミンB1、B2、Eや鉄分、食物繊維などの栄養素がバランスよく含まれています。また、原料に使用しております玄米表皮と胚芽は全て国内産の原料を使用しています。

「ぬか玄 粉末」は、玄米の各栄養素をなるべく効率的にお摂りいただける粉末タイプとしてあります。使いやすい2.5gづつの個袋入りです。毎日の食生活に「ぬか玄 粉末」を取り入れ、栄養バランスの整った毎日をお過ごしください