肌に待望の透明感、アーティーチョーク美容液で目尻のシワ、ほうれい線が消えた

どす黒かった肌が透明感のある透き通った肌色に

私は、30代後半で出産してから、専業主婦になりました。外出する機会がへったのも原因の1つですが、子育ての忙しさにかまけて、すっかり肌のお手入れを怠けてしまいました。

目尻にシワがピピピッと走り、口の横には「ハ」の字のほうれい線のシワがくっきり。ほおには、小さなシミがいくつも現れてしまい、肌の色も、年齢の割にはくすんでいました。

自分でも、このままではいけないとわかっていながら、月日だけがたってしまったのです。そんなある日、会った弟から、ひさしぶりに「あれ、お姉ちゃん、シワがふえたねぇ。どうしちゃったの? 」といわれてしまいました。

もちろん、その言葉にグサリときましたが、弟にズバリ、ほんとうのことをいわれたことで、やっと目が覚めたのです。

そうなると、不思議なものです。「1日も早く、特別なケアをしなければ」と、急に焦りが生じました。「アーティーチョーク美容液」を知ったのは、まさにそんなときでした。

同じママ友の情報によると、この美容液を使って、本来の肌年齢を取り戻した人がたくんいるとのこと。その話を聞いて、早速、私も使ってみることにしたのです。

私の場合、朝は使わず、夜にだけ、この美容液を使うようにしました。洗顔をして化粧水を塗った後に、ほうれい線や目尻のシワ、ほおのシミに美容液をつけるようにしたのです。

「アーティチョーク美容液」は、つけたとたん、肌の奥にスーツと吸い込まれるように浸透していきます。あとは、周囲に美容液を伸ばしていき、軽くマッサージをして終了です。

驚いたことに、使った初日の翌朝から、顔色がよくなりました。日を追うごとに、肌にツヤが出るようになり、以前はくすんで、ドス黒かった顔色が明るくなって透明感も出たのです。

さらに、たるんでいたほうれい線の周りの皮膚に、いい感じでハリが出てきました。ほうれい線のシワが引っ張られて、目立たなくなったのです。これらは、美容液を使い始めて2週間後の話なので、とても早くに効果が出たことになります。特に、ほうれい線の溝が浅くなったようです。ファンデーションが、溝に入らなくなりました。そのおかげで、ほうれい線を塗りつぶすために使っていたコンシーラも、今では必要ありません。

同時にほおのシミも薄くなった

目尻のシワも、どんどん薄くなりました。こちらは、数が少なくなって、ほとんど気にならなくなっています。シミについては、今のところ変化はありません。

しかし、ほおの皮膚の色が全体に明るくなって、以前よりも薄くなっているように感じています。肌のキメが整い、潤いも出てきたみたいで、化粧の乗りも、もちも、見違えるほどよくなりました。

以前は、昼を過ぎると、朝に塗ったファンデーションがヨレたり、鼻の上がテカッたりしていましたが、今ではそういうこともありません。もう1つの大きな効果は、前よりも若くなったことです。

周りの若いママと比べて、自分がいちばん老けていると思っていたのが、今では、「42歳という年齢の割には若いかなぁ」と思えます。肌が変わったおかげで、自信もつきました。普通、何年もほうっておいた肌がここまで変わるのには、時間も手間も相当かかります。それが、夜の基礎化粧品に美容液を一本プラスしただけで、しかも1ヶ月半という短期間で苦労なく変われたのですから、すごいと思いませんか。ほんとうに、いいことずくめの「アーティチョーク美容液」。この調子なら、次に弟に会ったときには、「どうよ、お姉ちゃんのこの肌!」と自慢できそうです。

コラーゲンを分解する酵素の働きを抑制

この美容液には、アーティチョークから抽出したサイナロビクリンという精油成分が含まれています。この成分は、肌に弾力と潤いを与えるコラーゲンを分解する酵素(マトリックスメタロプロテアーゼ) の働きを、間接的におさえる作用があることが確認されました。つまり、肌の弾力性が向上し、シワやたるみの改善に力を発揮するのです。