アサイベリーを飲んで1ヶ月で視力が急回復、緑内障の不安から解放された

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

手元がぼやけずはっきりと見え、針穴に糸が楽々通る

視力の低下を自覚したのは3年ほど前で、右目は1.2で標準なのに、左目がいつしか0.4まで落ち込んでいたのです。直後の検診では、「緑内障の疑いあり」と判定されて、視界まで狭くなっているのかと心配になりました。

この二重三重の目の悩みから救われたい一心で、アサイベリーを朝晩に飲み始めたのです。そうして1ヶ月程度が過ぎたころ、目の前の景色がクッキリと一変してきたことに気づきました。

メガネ屋さんで視力測定をしたら、左目が0.8に向上しており、やった!とガッツポーズ。店主のおじさんにも、「目がキラキラしているよ」といわれて、思わずニッコリとしました。

うれしいことに、今年の検診では緑内障を指摘されることもなく、アサイベリーは本当に目にいいことづくめ。以前に作った老眼鏡も、アサイベリーを摂取しているせいか、今ではほとんど使う機会はありません。

裸眼でも視界が鮮明で、趣味の手芸で針穴に糸を通したり、ブレスレットに糸を通すのもすんなりです。細かい手作業で目がショボつくこともなく、「目が疲れるって何ですか?」と思うくらい快調そのもの。散歩に出かければ、木々の葉が目に青々と映って、このすばらしい景色を楽しめるのもアサイベリーのおかげ!と感謝するばかりです。

網膜や視神経の老化を促す活性酸素を消去して、視力回復を促すのが、アサイベリーに豊富なアントシアニンの効用です。目の血涜促進にも役立つことから、疲れ目の防止にも有用です。