黄斑変性と糖尿病網膜症でゆがんだ視界がアサイーベリーで改善

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

視界がよくなり、視力も0.3から0.8に改善

60歳を迎えたころ、左目に黄斑変性と白内障を併発。糖尿病性網膜症まで加わって、網膜の血管が出血していることもわかりました。

ただちに手術を受けたものの、左目に新たな問題が起こり、4~5 cmほど先のものがゆがんで見えるようになったのです。

そこで、とりわけ豊富なアントシアニンが目を助けてくれればと期待して、アサイベリーを摂って1化ヶ月後のこと。庭に出ようとして、縁側から仕切りの戸をふと見たら、「あれ? ゆがんでねえな」とびっくり。ゆがみの度合いはその後も着実に軽減し、アサイベリーを摂り始めて1年後には、ほとんど自覚しない程度まで改善したのです。

同じ時期には、眼科の診察で「網膜の出血はなし。すっかりきれいなもの」とお墨つきをもらいました。そこであるとき、試しにアサイベリーを中断してみたら、1週間で視界がぼんやり。読書をしていても、すぐに目がショボショボしてきます。

これはいかんとアサイベリーを再開したら、4~5日で視界が鮮明に戻って、この効能は本物だと痛感しました。

通常は両目に起きるという白内障も、右目の方にはそんな兆しはありません。老眼も進んでおらず、むしろ視力は0.3から0.8に向上しているのです。孫と遊ぶときも、かわいい笑顔がクッキリ見えるのがありがたいこと。これが私にとって、アサイベリーが届けてくれた最上の贈りものといってよいかもしれません。

アサイベリーのアントシアニンは、網膜や視神経のスムーズな情報伝達を促します。こうした作用によって、視界のゆがみが改善に導かれたと推測できます。