刺身のツマ 食べない のが常識

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

刺身のツマ 食べない のが常識です。どうしてかというと刺身に添えられているツマは殺菌剤で消毒されているからです。白い大根のツマは殺菌・漂白済みです。鼻がいい人は、塩素臭がするなと感じる人も多いでしょう。

26562527_s.jpg

刺身のツマ 食べない

刺身のツマをつくっているあるメーカーの担当者はこんなことを営業トークにしています。これは営業トークですが、事実です。

『食品添加物グレードの次亜塩素酸ナトリウム6% の殺菌漂白剤です。野菜・果物・刺身のツマなどの殺菌に最適です。これは300~600倍に希釈して野菜を浸します』メーカーによると「『うちの人気商品のひとつで、スーパーで使ってないところはないのでは』ということです。

しかし、あるスーパーは、『刺身の大根のツマは中国から加工して輸入されていますが、加工助剤なので表示しません』

加工助剤は食品の加工の際に使用され、

  1. 完成前に除去される
  2. 通常食品に含まれる成分に変えられる
  3. 含まれる量が少なく、食品に影響を及ぼさない添加物で、表示を省略してよい

ちなみに、次亜塩素酸ナトリウムは、第一次世界大戟の頃、銃で打たれた傷の感染予防で使われたのが最初で、非常に強い殺菌効果があります。加湿器などにもレジオネラ属などがつきますが、これも次亜塩素酸ナトリウムで消毒します。それだけ強力だということです。

本来、刺身のツマは、刺身には欠かせないもので。殺菌作用もあり食中毒防止には最適。また、ビタミンC は豊富だし、大根に含まれるジアスターゼがでんぷん質を分解し、胃腸での消化を助けるのだ。リグニンという植物繊維が、がん細胞の発生まで抑制するというすばらしいものです。自宅で刺身用のツマを作れば...このような効果があるのですが、スーパーで購入した刺身のツマを食べてしまっては体に大きな害が生じることは言うまでもありません。

次亜塩素酸ナトリウム 危険性

次亜塩素酸ナトリウムは、消毒剤としてよく使用されている化学物質です。しかし、次亜塩素酸ナトリウムは、取り扱いを誤ると人体に害を及ぼす可能性があります。次亜塩素酸ナトリウムの害には、次のようなものがあります。

  • 皮膚や粘膜への刺激
  • めまいや吐き気などの中毒症状
  • 呼吸困難や意識障害などの重篤な症状

次亜塩素酸ナトリウムを使用する際には、次の点に注意してください。

  • 手袋やゴーグルなどの保護具を着用する。
  • 換気をよくする。
  • 目や口に入らないようにする。
  • 飲み込まないようにする。
  • 酸性の洗剤と混ぜないようにする。

次亜塩素酸ナトリウムの取り扱いについて、不明な点があれば、専門家に相談してください。

刺身の ツマ 危険 薬品漬けなので食べない

おかず

関連ページ