コロナ対策でなくインフルエンザも要注意 2022年冬

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

コロナ対策でなくインフルエンザも要注意 2022年冬は感染症対策が重要となります。冬は、毎年インフル工ンザが大流行する時期ですが、ここ2 年、ほとんど感染者はいませんでした。コロナ対策によってマスク着用、手洗いうがい、換気、外出自粛が効いていたと思われていました。しかし、この冬はインフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行の可能性大といわれています。インフルエンザ対策も忘れずに行うようにしたいです。

2022 ~ 2023年 冬 コロナ対策でなくインフルエンザも要注意

インフル工ンザと新型コロナが同時流行する可能性があるといわれるのには、日本とは季節が逆の南半球の状況があります。オーストラリアのインフル工ンザ感染者は2020 年、2021年は極めて少数でした。

しかし、2022 年4 月後半から急増し、新型コロナが広まる前の 2019 年を超える状況です。オーストラリアでインフル工ンザが流行した理由の1つとして、新型コロナによる行動規制がほぼ撤廃され、人の移動が増えたためと推測されています。

こうしたことから、日本でもインフル工ンザと新型コロナの同時流行が懸念されているのです。ウィルスは人が動けば比例して流行しますが、まさにそのとおりです。

インフルエンザ 新型コロ ナワクチン 同時接種は可能

インフル工ンザの予防で効果的なのが、インフル工ンザワクチンの接種です。ワクチンを接種すると、発症の危険性を50~60%減少できると報告があります。また、高齢者では死亡リスクを82 % 減少させるという報告もあります。重症化を防ぐことができるのはワクチン接種の最大のメリットです。

ワクチンの効果は接種して約2 週間後から出始めます。日本でのインフル工ンザの流行は例年1~2 月が多いことから、11月末ごろから遅くとも12 月中旬までに接種するのが望ましいといえます。特に高齢者は、インフル工ンザから肺炎を合併して重症化することが多いので、ワクチンの才妾種が強く推奨されています。新型コロナワクチンの接種を予定している人は、インフル工ンザワクチン以外のワクチンとの同時接種は、安全性に対する知見が十分ではないため、受けられません。2 つのワクチンの接種期間を2 週間以上、空ける必要があります。

日常生活での感染対策は引き続き続ける

インフル工ンザの特徴的な症状に、高熱(38 度以上の発熱)があります。新型コロナでも同様の症状が現れるため、発熱した人は両方のウイルスに対する検査を受けましょう。インフル工ンザと診断された場合には、抗ウイルス薬による治療が検討されます。

新型コロナ対策として行ってきたマスクの着用、うがい、手洗いなどはインフル工ンザ対策としても有効です。引き続き実践しましょう。なお、インフル工ンザについてわからないことがあるときは薬剤師に気軽におたずねください。

花粉・ウイルス飛沫等を99%カットするフィルターを採用しています。 側面両端Vカット加工しているので、ほほとのすき間を低減し、長時間ぴったりフィットします。 耳にやさしいやわらか丸耳ひも採用で耳が痛くなりにくいです。(耳ひも:丸ひも4mm) ダブルΩプリーツ加工で口元空間をキープするから会話が楽です。

mask.jpg

断糖 メリット 糖化を防ぐのは自分次第

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

断糖 メリット 糖化を防ぐのは自分次第です。断糖 いわゆる 砂糖 を断てば糖化の心配は無用です。

断糖 メリット

salt-g71146d6eb_640.jpg

糖質を断つことは、細胞の糖化を防ぐことになるため、老化の最たる原因である AGEs がつくられるのを阻止することにつながります。さらに、細胞の
錆びつきによる被害も最小限に食い止めることができるようになります。


細胞の酸化の場合は、酸素が大きくかかわっているため、私たちが呼吸をしている限り完全には防ぐことができません。

また、紫外線や環境汚染なども、外出すれば被害にさらされますから多少は影響を受けてしまいます。しかし、糖化は断糖によって防ぐことが可能です。糖を断てば糖質が体内に余る心配がなく、タンパク質にくつつく糖がなくなるので、耕胞のこげつきが予防できます。

そうすれば AGEs もつくられず、正常なコラーゲンが維持されます。皮膚はハリが保たれシミやくすみができにくくなり、血管は柔軟性が保たれて血流に合わせて伸縮できるので、動脈硬化や高血圧の予防にもつながります。さらにたっぷり蓄えていた脂肪を使ってブドウ糖をつくるようになるので、体脂肪が減り肥満も解消します。

メタボによる生活習慣病の危機からも脱出できるのです。そうなれば、体内のあらゆる機能も正常に働けるようになります。それが、ひいては老化を防ぐ結果となるのです。

糖質制限食 は糖質を一切摂らない食事療法です。

糖質 摂りすぎ 知らないうちに摂りすぎている 糖質の調整に アカシアポリフェノール 効果

美肌精油ジェルは、林医師が考案したアトピー患者さんのためのスキンケア商品。1997年にボディーソープ、整皮ジェル、保湿クリームの3点セットになった15年以上経過する商品で信頼のおけるロングセラー品。専門医が開発した美肌・保湿をキープする、待望のスキンケア商品です。

洗顔をすると、かさついてしまう人向け。汚れを落とし、しっかり保湿で肌を強化します。スキンケアにより肌を整え肌の免疫力をアップさせアトピーを撃退するアトピー肌用のスキンケア3点セットです。最初にボディーソープ整皮ジェル保湿クリームの順にスキンケアを行います。

かさついてしまうために洗顔を敬遠してしまいがちですが、まずは、汚れや皮脂を落とすことがアトピー対策には重要です。

アトピー 美肌精油ジェル 口コミ

重症のアトピーで滲出液が出るほどの重度でもで湿疹、かゆみが解消

アトピーと診断されたのは、娘が1歳のころでした。赤ちゃんのときは肌に問題などなかったのですが、1歳になると、首筋や手首に赤い湿疹が目立つようになりました。乾燥する季節だったのでアトピーによる症状なのか、乾燥なのか原因がわかりずらかったというのもありました。しかし、湿疹はみるみる体全体に広がってしまいました。病院を受診すると心配していた「アトピー性皮膚炎」の診断を受けました。

非ステロイド系の塗り薬が処方されました。病院の薬なら大丈夫だろうと改善を期待しましたが、塗っても変化が感じられず、がっかりしました。クチコミの評判を頼りに何か所も病院を回って、違う塗り薬や漢方薬も試してみましたが、目立った効果は見られませんでした。

特に症状がひどかったのは、首すじとひじの内側、ひざの裏側でした。また、冬になると乾燥がひどくなるのか、かゆみのストレスで、全身をかきむしってしまいました。

症状が悪化すると、ジュクジュクとした惨出液(血管外に出る血液成分) が患部からにじみ出るようになりました。

かゆみのあまり、夜中に何度も目がさめるので、朝、は、いつも眠そうでした。なんとか娘のアトピーを治してあげたい一心で、アトピーにいいといわれるものは、積極的に試してみました。

出血や滲出液が止まり笑顔も

天然素材の石けんやボディソープ、保湿クリーム、健康食品や飲み水にいたるまで、毎日のように雑誌やインターネットでアトピーに関する情報を集めて購入していました。そんな中で出合ったのが、美肌精油ジェルでした。アトピーの専門医である林隆博医師が開発し、驚異的なアトビーの改善効果が期待できるスキンケアの3点セットでした。

毎晩の入浴時にボディソープ(肌の油分を落としすぎずに洗浄) で全身を優しく洗い、入浴後は整皮ジェル(肌への水分補給と抗菌・抗炎症作用)を、15分後に保湿クリーム(皮膚のバリア機能を保護) を薄く塗ると、1週間後には目に見える形で変化があらわれはじめました。

美肌精油ジェルを使ってとにかく驚いたのは、かゆみが劇的におさまり、体をかかなくなったことです。汗ばむ夏でもかゆみを訴えることが、はとんどなくなりました。

かゆみが治まって肌をかかなくなると、穆出液が出なくなって、全身の湿疹もしだいに消えていきました。肌がきれいになるにつれて、精神的にもとても楽になっていきました。